ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

タカタカの野望2018 今年購入を検討しているガジェットをご紹介!新iPhone・MacBook・iPadまとめ

スポンサーリンク

こんにちは、日々湧き上がる物欲と戦い続ける販売員のタカタカでございます。2018年に購入を虎視眈々と狙っているガジェットがございます。タカタカ的に購入意欲の高いガジェットランキングを記したいと思います。

f:id:gadgetkaden:20180410023747p:plain

2018年購入したいガジェット第5位

新AirPods

今年でると噂されている大人気商品の後継機種です。AirPodsは毎日着用してその使い心地は素晴らしく非常に満足しているのですが、更に進化したとなると購入を検討しないわけには参りません。

まだ、噂段階なのですが、それでも非常に期待できる内容なのです。

↓は現行モデルです。ご参考までに。

新型の噂まとめ

・音声でSiriの起動が可能に

現在はAirPods自体をタップする事によってSiriの起動をしていましたが、音声での起動が可能になるようです。起動だけじゃなくて様々な操作が可能になると便利になるかとは思うのですが、通勤・通学中に起動コマンドや操作コマンドをブツブツ喋るのはしょっと危険な匂いを醸し出すかと思います。

・2019モデルは防水?

ジョギングやジムでの利用をされている方々には朗報です、通常利用の人のは夏時期に安心です程度かと思いますのであまりポイントはつかない機能です。

・2019モデルはノイズキャンセリング機能搭載?

SONYのフルワイヤレスイヤフォン「WF-1000X」に追いつけるのか?ノイキャン機能は是非とも欲しいところです。付いたら必ず買いますので是非とも宜しくお願いいたいです。

残念ながら2018モデルは大きな変更の噂がなく本命は2019モデルかと思います。Appleの発表次第ですが、2019年搭載予定の機能が2018モデルに実装されるようであれば購入を考えるのですが、予定通りなら2019モデルまで待ってしまうかと思います。 

2018年購入したいガジェット第4位

SurfacePro/Laptop 2018年モデル

恐らく2018年モデルは出るかと考えます、順当に考えると第8世代Core iシリーズ搭載でクアッドコアになるかと思います。後は軽量化されると非常に素敵かと思います。

タカタカ家のWinマシンはSONY時代のVAIOでWindows7マシンなのでそろそろいい加減にWin10環境の導入をしないとと思って5年以上たってます。正直仕事を持ち帰れないようになってしまったので自宅のPCがWinである必要性がかなり減少してしまっているのです。ただ、メインマシンも既に6年以上経過している為、そろそろ買い替えなのです。

↓は現行モデルです。ご参考までに。

2018年購入したガジェット第3位

MacBook 2018年モデル

噂の13インチMacBookが気になります。果たしてMacBook13なのかMacBook Air のRetina なのかはまだ不明ですが、6月のWWWCでお目見えしそうな感じなので要チェックなのです。気になる価格は現行のMacBook AirとMacBookの中間程と予想されております。現行のMacBookの価格設定は性能で考えるとMacBook Proと比べた場合高いので、「軽さ」と言う長所はありますがあまりにコスパが悪いので廉価モデルは非常に期待ができるところです。

現状パソコンの利用はブロク制作が殆どなのですが、特に持ち運びはしなくて、カフェでドヤ顔もしないのですが、自宅で使用するにしても軽いほうが良いですし、画面は12〜13あればブロク作製するには問題無いです、CPUパワーもそこまで必要無いので、MacBook Proまでは必要ないと考えるので、MacBookを検討するわけです。画面も現行の12インチよりちょっと大きく13インチと見やすくなり、価格が下るのであれば非常に買い替えが進むと感じます。

↓は現行モデルです。ご参考までに。

新型の噂まとめ

・13インチMacBook Air Retina 
・13インチMacBook
・価格は$999(約¥110,000)
・光るリンゴマークが復活?

2018年購入したいガジェット第2位

新iPad Pro 2018モデル 

現在パソコンをブロク制作のメインマシンにしてますが、ちまたではiPadでブロク作製されてる方々も結構いらっしゃいますので、噂の狭額モデルが出るのであれば、是非とも前向きに検討したいわけであります。より小型軽量化される正常進化は大歓迎です。

iPhoneXライクなデザインのiPadは非常に惹かれます、タカタカ家のiPadは初代Airです。そろそろ新OSから見捨てられそうな旧モデルでもあります。現在、MacにするかWinにするかiPadにするかで非常に悩んでる最中なのです。

問題は価格です。iPhoneXクラスの価格になってしまうとちょっと手が出ないのですが、液晶パネルはiPhoneX同様のOLEDではなく通常のIPSタイプとの噂なのでそこまで高額になる可能性は低いと考えます。

新型の噂まとめ

・FaceID 搭載で狭額ベゼル
・液晶はIPS
・8Coreの高性能CPUを搭載
・10.5インチサイズで11インチモデルに

2018年購入したいガジェット第1位

新iPhone 2018モデル 廉価版iPhoneX

今年出ると噂されている新型iPhoneの一角です。わたしはまだiPhone6Sユーザーでして、本当は今年iPhone Xの購入を検討していたのですが、価格があまりに高く(MacBookやSurfaceが買える・・・)そして、ちょっと厚く重かった為、次のモデルまで様子を見る決意を昨年心にしたのでした。

iPhone 6Sの不満点

画面が小さい、現状iPhone XやAndroidの端末は5インチでもコンパクトに属してしまう程、画面の大型化が進んでおります、持ちやすさや軽さは犠牲になってしまいますが、大きな画面の方が見やすいのは間違いないのです、特にwebや電子書籍等を見るには画面が大きい方が好ましいのです。特にiPhone6Sでコミックを読む場合はコマによっては拡大しないと読みづらかったりするのでもう少し大きい画面だと良いなぁと思うわけです。

新型の噂まとめ

・3モデル展開

大画面6.5インチOLED
iPhoneX後継 5.8インチOLED
廉価版6.1インチIPS

わたしの本命は廉価版です。ゲーム等やらないので性能はそれほど必要無いのです。ただ、WEBの見やすさ、動画再生、電子書籍を見る等する場合、画面が大きいのは非常に効果的です。なんとか¥100,000以内にして頂けると非常に嬉しいのです。

・iPhone SE2

小型モデルは音声通話はガラゲー派のわたしとしてはエントリー外となります。
しかし世間では人気でもあります。電話としてiPhoneを利用する場合はコンパクトが利点となるのでわかります。ただ、最近仕事以外では電話しないので、スマホが画面が大きい方が便利なんですよね、後はズボンのポケットに入れて普通に歩ければ問題ないのですが、iPhone plusレベルだと前のポケットが浅いとはみ出しす事がマイナスポイントかと思います。

まとめ

流石に今年はiPhoneをモデルチェンジしたいので、廉価版iPhoneXに期待をするところです。是非とも素敵な廉価具合にして欲しいです。可能であれば¥100,000は切って欲しいです。わたしは、格安SIM使いなのでキャリアでの契約ではなく、Apple StoreでSIMフリーモデルの購入になるかと思うので、価格が大事なのですよ。現在のキャリアのプランは2年で機種変か買取の選択タイプとかなので、ちょっと手を出しづらいのです。SIMフリー買って3年〜5年は使う気持ちでおります。まぁ、情報がでたら、格安SIM+SIMフリーモデルの2年間コストとキャリアでの2年間のコストを比較して購入検討する予定です。

そして、現在ブログ執筆に使用しているMacBook Air 2012の後継をどうするかが悩みどころなのです、順当に行くと新MacBookなのですが、新iPad Proも非常に捨てがたいし試して見たい気持ちが大きいです。共に期待はずれならWindowsのSurfaceにしてしまうかもしれません。現状のMacBook Airで問題なく使用できているので、ただ新しいガジェットが欲しいだけなんですよね。6年使ったし新しいのが欲しいのですよ。

なにわともあれ、Appleの発表が待ち遠しいのです。今年もドキドキさせて欲しいです。