ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

SONY からスマートスピーカー「 LF-S50G」が登場! Google Home との違いは?

スポンサーリンク

こんにちは、スマートスピーカーが気になってしかたのないタカタカです。今回はSonyから12月9日に発売されるスマートスピーカー「LF-S50G」を見てみたいと思います。

f:id:gadgetkaden:20171027235547j:plain

発売日:12月9日
型番:LF-S50G
価格:¥24,880(税抜)

 

Google アシスタント搭載のSony製スマートスピーカー

SonyはGoogleと組んだんですね、先日発売されたGoogle Home と同様のGoogleアシスタントを搭載しております。

「Google アシスタント built-in」となっています。「OK Google」もしくは「ねぇ Google」と声をかけて行うのは同様です。Sonyなら「OK Xperia」とかやって欲しかったですが駄目なんですかね、商品名も型番のみで「Xperia」みたいなブランドの冠は無いようで残念です。

基本的にスマートスピーカーとして出来ることはGoogle Homeと同じです。Google Homeに関しては以前のエントリーを御覧ください。

www.gadgetkaden.com

 

Sony製は何が違うのか

ではSonyが出すスマートスピーカーは何が違うのか?どこにこだわっているのか?

音にこだわる

部屋全域に広がる360°サウンドが売りです。
スピーカーユニットを上向き(フルレンジスピーカー)と下向き(サブウーファー)に分離した「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を採用し、2ステージディフューザーが360°部屋の隅々まで立体的に音を放射して室内のどこにいても快適に音楽を楽しむことが出来るとの事です。

ジェスチャーでの操作ができる

スマートスピーカー上部に手をかざして動かすとその動きによって音楽の再生・停止/曲送り・曲戻し/音量調節が可能。
手が濡れてたり汚れてたりしてもとっさに操作ができて便利らしいです。

あれっ?スマートスピーカーって音声で操作できなかったっけ?ジェスチャーいらなくねっ?っと思うのはわたしだけでしょうか。

水しぶきに強く、水拭きも可能な防滴使用

現在発売、または発売予定なスマートスピーカーでは防滴使用はなかったかな〜って感じです。

まとめ

AppleのHome Padと同じく音質・音楽の打ち出しでスマートスピーカーを出してきたSony、価格はHome Padより¥10,000程安いです。音質は実際聴いてみないとなんとも言えないですが360°どこでも高音質で聞けるのは興味があります。

あとは、Sonyが今後発売する様々な商品との連携が期待できます、TVやレコーダー、スマートフォンが絡んで素敵な事ができるなると、Sonyのスマートスピーカーを選ぶ理由になると思いますが、基本的に積んでるのはGoolgeアシスタントなので、Google Homeは同じ事ができるのかと思います。そこは違いを出すのは難しいでしょう。

現状の違いは「音質」です、ここは実際に試して比べて見たいところです。後はデザインと価格ですね。

何にしても、Google Home陣営として対応する機器の開発は是非とも頑張って欲しいところです。TVの操作やレコーダーの操作がGoogleアシスタントで出来るようになって欲しいです。