ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

4歳児の息子くんが気になってしかたない、Nintendo LABOが欲しいのです。

スポンサーリンク

こんにちは、ゲーム大好きタカタカです。残念ながら奥さんはゲームはどちらかと言えば嫌いでマリオくらいしか知らない方です。なので、子供が生まれるまでは朝寝坊の奥さんが寝てる休日の午前中にPlayStation3やNintendo 3DSを嗜んでおりましたが、子供が生まれてからは、封印しておりました。

f:id:gadgetkaden:20180414011522p:plain

時が流れ、息子くんも幼稚園児になりゲームに興味を示すようになり、ガンバライジングやポケモンガオーレを楽しんでおります。

そんな息子くんが、TVCMでNintendo switch のNintendo LABO に非常に興味を示して「これ欲しい」攻撃をするようになったので、これを機にタカタカ家に合法的(息子くんの意思を尊重し)ゲーム機の導入する計画を発動しようとするお話です。

 

Nintendo LABOとは

www.nintendo.co.jp

知らない人はなかなかいないであろうNintendo switch の ソフト?です。ダンボールのキットとソフトがセットになっていて、Nintendo switch のリモコンの各種センサーとswitch本体の液晶画面を使って様々な遊び・発見・作るを体験できる、ちょっとドキドキしちゃう商品です。

はじめ聞いた時はダンボールのキットが¥7,000 ?高すぎでしょう〜っと思ってましたが。家電量販店の温度感は高くこれは売れると売る気まんまんでした、よくよく見てみると、なるほど、非常に良くてきてるなぁと関心しちゃうのです。流石はNintendoすごいっす。

4月20日発売Nintendo LABOは2種類あります。

VARIETY KIT(バラエティ キット)¥6,980(税抜)

f:id:gadgetkaden:20180411114515p:plain

リモコンのTOY-CON
バイクのTOY-CON
ピアノのTOY-CON
釣り竿のTOY-CON
おうちのTOY-CON

の5種類のTOY−CONで遊べます。最初はキット通りに作成して遊び、switchのリモコンに搭載されている各種センサーを理解するとオリジナルのTOY-CONがつくれちゃうってのもすごいです。

今後、小学生から必須となるプログラミング的な思考を育むにも良いとか言って世のおかあさんの許可を得て購入できそうなところもすごいです。ありがとうNintendo。

ROBOT KIT(ロボット キット)¥7,980(税抜)

f:id:gadgetkaden:20180411120554p:plain

ダンボールのランドシェル型キットを背負い込み、手足と紐で接続し自分の動きをセンサーが感知して、ゲームの中でロボットが自分の動きに合わせて動き回ると言う、子供の夢がバーチャルの世界で叶った素敵な商品です。

気になるのは対戦モード、友達もswitchをLABOを持っているなら戦う事ができるのです。これは激アツですよね〜。きっと大会とか開催されるんじゃないですかね。非常に面白そうです。

ダンボールのキットが壊れたら?

ダンボールでしかも子供が扱うので耐久性には問題があります。そこはNintendoもダンボールだけの追加販売はするようですが、問題は価格ですよね。1種類¥500くらいに収めてくれると嬉しいと思います。幼稚園児なんて絶対に速攻破壊しますからね。個別パーツの価格はNintendo LABO 発売の4月20日に発表のようなので要チェックです。

子供の想像力ですごい遊びを作り出しちゃうかもしれない感が感じて素敵です。

まとめ

タカタカ的には、ゼルダの伝説とスプラトゥーン2が遊べたら満足なので、なんとか購入できないか思案してますが、きっとNintendo LABOはゲームに興味のないお母さんの承認を得るには非常に強力なアイテムになると確信しております。

が、今年はiPhone買い換えやブログ用にマシンの新調も検討しているので、厳しいところです。あぁ、息子くんとダンボールキットで作って遊びたいなぁ〜。