ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

家電販売員が大手家電量販店の延長保証を徹底比較 2017 オススメはどこだ!

スポンサーリンク

こんにちはタカタカです。以前MacBookAirが音が出なくなって修理見積もり出したら6万円超えでした。修理って高いですよね。

高額な商品なら尚更厳しくのしかかる修理代、家電商品の延長保証はやっぱり大事だと思います。大手家電量販店も延長保証は行ってますが、会社によって差が結構あります。
どの量販店の延長保証が安心なのか、今回は各大手量販店の延長保証を販売員目線で比較してみました。

f:id:gadgetkaden:20171015014028p:plain

ヨドバシカメラ(ゴールドポイントワランティ)

■保証期間:5年間
■保証対象品:1万円以上の指定商品
■保険料:購入商品の5%ゴールドポイント
■内容
・保証期間中、自然故障に伴う修理代金を1回限り保証する。
・4品目に限り保証期間中、自然故障に伴う修理代金を全額、何度でも保証する。
・4品目:洗濯機・エアコン・14型以上のテレビ・冷蔵庫
・出張修理の場合は後日店頭にてポイントで返還される。
・保証期間と限度額:保証限度額は使用期間により異なる。
購入日〜1年未満:購入金額×100%
1年〜2年未満:購入金額×80%
2年〜3年未満:購入金額×80%
3年〜4年未満:購入金額×70%
4年〜5年未満:購入金額×80%

詳細はヨドバシカメラHPにて

http://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/guarantee/index.html

チェックポイント

・落下・破損・水没等は対象外。
・4品目以外の商品は一回しか修理保証されない為、長期間保証にしては弱いと感じる。
・冷蔵庫等の大型商品は基本出張修理になる為、修理代金は後日店頭でポイント返還となる為、出費が必要になる。
・使用期間によって保証限度額が変わる為、年数が進むと結局修理代金がかかる可能性が高くなる。

ビックカメラ(延長保証・全損保証)

■保証期間
・3年・5年・10年(商品によって異なる)
・3年保証:パソコン(通信契約を伴わないタブレット含む)・PC周辺機器
プリンタ・ポータブルオーディオ機器・ゲーム機(一部の商品を除く)
・5年保証:上記以外の家電商品(一部の商品を除く)
・10年保証:95,000円(税抜)以上の冷蔵庫・エアコン
■保証対象品:¥13,800以上の指定商品
■保険料:購入商品のポイント5%(一部無料延長保証対象品有り)
■内容
・正しい使用方法にも関わらず、商品が故障した場合、メーカーが保証規定内で無償修理を何回でも行う。
・修理金額が購入金額(税込)の80%を上回る場合、新品代替品の提供を持って保証の終了となる。(お買上げ金額を超える商品の場合は差額負)
・パソコンは、修理免責上限10,000円(税込)で何度でも修理可能、10,000円(税込)以下の修理の場合は実費。
・10年保証の場合は6年目以降は購入金額の30%を上限として保証する。
・保証の30%には出張料金が含まれる。※修理するか買い替えるか選択
・修理せずに、ビックカメラで代品を購入の場合、購入金額の30%を上限に購入金額を保証する。

詳細はビックカメラHPにて

ビックカメラ | ビック長期保証

 

ビックカメラには延長保証とは別に全損した際に適用される全損保証もあります。

全損保証(総合保障)

■保証期間:1年間
■保証対象品:指定商品
■保険料
購入金額によって異なる
・5万円未満:500円 
・5万円以上:800円
・10万円以上:1,000円
・15万円以上:1,500円
・20万円以上:2,000円 
・以後5万円毎に500円を加算
■内容
保証期間内で「全損」となった時に、自己負担金2,000円(税込)を支払い代替品(同等品)を提供してもらえる。

詳細はビックカメラHPにて

全損保証(総合補償) | ビックカメラ

チェックポイント

・延長保証は落下・破損・水没等は対象外。
・期間内、メーカー保証規定で何度でも修理可能は安心。
・修理代金が購入金額を超えても代替品を提供してくれるので安心。
・パソコン修理の際は免責10,000円が発生する。
・10年保証は6年目以降、購入金額の30%の保証になる為、修理費が発生する可能性が高い。
・全損保証は全損時にのみ保証適用となる為、落として液晶割れ等でも「全損」にならなければ実費での修理費用が発生するので注意。

ヤマダ電機(無料延長保証・家電総合保証)

無料延長保証

■保証期間:メーカー保証+3年・5年
■保証対象品
テレビ・レコーダー・ビデオカメラ・エアコン・冷蔵庫・マッサージ機・クリーナー・オーブンレンジ・炊飯ジャー、上記商品のうち指定機種のみ加入可能
■保険料:無料
■内容

・落下・破損・水没等は対象外
・1年目 メーカー保証
・2年目〜3年目 技術工料・部品代・出張料を全額負担
・4年目以降 技術工料を負担、部品代・出張比は有料
・回数制限無し
・消耗品等対象外のパーツが多々ある。詳細はヤマダ電機HPで確認ください。

無料 長期保証 | ヤマダウェブコム

チェックポイント

・保証対象品が種別、種類が限られるが購入検討商品が対象なら延長保証が無料。
・カテゴリ的にパソコンやデジカメ、オーディオは対象外となっている。
・4年目以降は修理の部品代と出張費が有料になる為、修理費が大きくかかる。
・メーカー保証が1年以上の商品でも合計保証期間は6年・4年で終了となる。
・対象の商品は店舗とWEBで違う場合がある。
・消耗品の対象が他社と比較して多い、レコーダーのHDD等が無料修理対象外
 になるので注意が必要。

家電総合保障

■保証期間:メーカー保証+2年・4年
■保証対象品:指定機種
■保険料
・購入代金¥30,000以上 4年保証 商品購入代金の5%
・購入代金¥30,000未満 2年保証 ¥1,080
※タブレットPCはメーカー保証1年・ヤマダ保証2年
購入金額が1万円以上5万円未満(税別)では保証料¥2,500(税別)
購入金額が5万円以上(税別)での保証料は商品購入金額の5%
■内容

・落下・破損・水没等は対象外
1回あたりの修理代が、経過年数毎の上限金額まで修理可能
保証限度額
・1年目 メーカー保証
・2年目 購入金額の80%
・3年目 購入金額の40%
・4年目 購入金額の30%
・5年目 購入金額の20%
・6年目以降 購入金額の20%までを保証期間の範囲で保証 
詳細はヤマダ電機HPにて

有料長期保証・家電総合保証サービス「家電保」 | ヤマダウェブコム

チェックポイント

・保証対象品が無料保証より増加、パソコン・デジカメ・オーディオも対象に
・経過年数毎に上限金額が変わる、3年目以降は購入金額の40%以下に下がる。
・タブレットPCのみ保証料が変わる。
・無料保証と違い、HDDは保証対象になる。
・初期設定(リカバリー)、ソフトウェア更新、機器接続、チャンネル設定、フレア加工、ガスチャージ、高所作業、各種クリーニング、フィルターの詰まり、異物除去、オーバーホール、使用説明、取付、設置、その他の同様な作業は有料となる。
・リカバリー等はパソコン修理でよくある結果でメーカーによっては1万円以上かかるので注意が必要です。

 

結論

今回の3社のなかで一番オススメなのは・・・
5
年間はメーカー保証規定内で何度でも無料で修理対応できる「ビックカメラ」が1番安心かと思います。(パソコンは免責金1万円)修理金額が購入金額の80%を越えたら代替品と交換できるのも良いです。 

ヨドバシカメラは4品目を除くと無料修理は1回だけですし、試用期間毎に上限金額が下がるのもマイナスポイントです。

ヤマダ電機は無料保証対象機種が購入検討機種ならポイント高いですが、レコーダー等の場合はHDDが有償になるのでおすすめしません。無料修理と思ったらHDD不良で有料になった時のがっかり感はきついです。

家電製品を購入検討する際、特に高額な商品、長期間使用する家電は、延長保証が大事になると思います。各社の価格に加えて、上記の保証内容も考慮して購入を検討されるのがおすすめです。

絶対に壊れない家電は無いですし、今まで購入した家電が故障したことが無い人でも、今後も故障しないと言う保障もないです。壊れたら買い替えるって言うお金持ちの方は良いですが、10万円近く出した購入された商品が2年後に故障して修理代6万円とかなったら切ないと思います。しかし、ビックカメラの延長保証に加入していればメーカー保証規定内の故障であれば無料で修理可能となります。この差は大きいと思います。

今は購入時のポイント5%の保証料で加入が可能なので、現金を用意する必要もなく加入のハードルは低くなっているかと思います。

今後の家電商品購入の際に検討して頂ければ幸いです。