ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

春の新生活に最適なインターネット環境を考える、光回線かモバイルルーター、ホームルーターか?メリット・デメリットをまとめました。

スポンサーリンク

こんにちはタカタカです。自宅はマンションに既設のネット環境があり、管理費に組み込まれている為、ネット環境については悩まずに済んでおりますが、新生活をされる方々にとって春から住む場所でのネット環境は何が良いのか悩んでる方もいらっしゃるかと思います。お店にも新入生、新社会人、引越しされた方々からネットサービスに付いて聞かれる事が多くなってきております。そんな方々に参考にして頂ければと思います。

f:id:gadgetkaden:20180220004619p:plain

自宅にネット環境は必要か?

パソコンを持っている方、パソコンを購入される方は自宅にネット環境が必須であると考えます。

パソコンにネット環境が必要な理由

今のパソコンはネット環境がある事が前提になっています。

OSやソフトのバージョンアップ(バグの改善等細かい物も含む)

OSやソフトは日々改善、改修されます、時には非常に危険な減少が発見されてその改修のアップデート等もネット経由で行います、ネット環境が自宅に無いと、別の場所にもって行ってアップデートを行わなければならず非常に大変です。

さしてOSのアップデート等は場合によっては数十GBもの容量がかかる場合もあり、数時間要する事になる為、自宅以外で行うのは難しいと考えます。

ソフトの購入してもネットからダウンロードが必要

全てでは無いですが、多くのソフトが店舗で購入してもネットからダウンロードしてシリアルNoを入力して使用する形が多いです。Surface Laptopなんて付属のOfficeも本体をネットからダウンロードしてインストールが必要だってりします。ソフトも数GBの容量がありますので外のWi-Fiでとなると結構大変です。

スマホのテザリングでは駄目なのか?

パソコンには別のネット環境がおすすめな理由があります。

パソコンのアップデートやソフトはデータ容量が非常に大きい

パソコンのOSアップデートで大きいものになると20〜30GBクラスのものもあります。小さいものでも、数100MB〜数GBまであり月間でかなりのデータを必要とします。

スマホで20GBとか30GBのプランの方でも大型アップデートには耐えられないですし、数時間スマホを拘束される事になるので不便です。基本的にはパソコン用に別回線の使いたい放題のネット環境があるのが望ましいです。

ネット環境は複数あるのが安心です。

スマホのネット回線のみだと、何か障害が発生した場合にネット環境が無くなってしまいます。今の世の中ネットが全くできなくなると非常に大変な事になるかと思いますので、予備的な意味も含めて、スマホの回線とパソコン用の回線の2回線あるともしもの場合も安心なのでおすすめです。

そんなわけで、パソコンを使ってる方は勿論ですが、これからの新生活でパソコンを買う方も一緒にネット回線を検討されるのが良いと思います。

光回線とモバイルルーター、ホームルーターのメリット・デメリット

現状、自宅のインターネット環境を考える際に、光回線とモバイルルーター、ホームルーターの3択になります(地域によってはケーブルTV系が加わります)。それぞれのメリット・デメリットがあり、ユーザーによってオススメが変わりますので確認して行きましょう。

光回線のメリット

光回線は戸建てと集合住宅で価格が違います。戸建てだと¥5,000程度、集合住宅だと¥4,000程度です。新規だと工事費が¥20,000程度かかります。

1:回線速度が速い、安定している

光回線最大のメリットが回線速度です。通信速度最大1Gbpsをうたっております。あくまで最大なので実際は100〜500Mbpsくらいです。ネット回線の最大速度表記は昔からうさんくさいですよね。

動画等を大量にダウンロードするかたや大量データをアップされる方等は光回線がおすすめとなります。また、家族みんながガンガンネットされるような環境だと速度の低下がすくなるなるので安心です。

後は、パソコンでネットゲーム等される方には安定した回線速度が必要なので光回線が必須と言えます。

2:携帯電話料金が安くなったり特典があったりしてお得

最近は「光コラボ」が主流です。ようはドコモ光やauひかり、SoftBank光等です。2015年にNTT法が改正されてNTT以外の事業者がNTTより回線の卸受けて独自のキャンペーンやサービス展開を可能にしたサービスです。

メインは相性の良い携帯電話会社3社です。それぞれのキャリアの携帯サービスを使用しているユーザーが同じキャリアの光サービスに加入すると携帯電話料金を割引しますよ〜って事です。各社囲い込みに必死なので、加入特典もあったりします。

3:光電話や光TV等の付加サービスがある

高速な光回線を使用しているからできるサービスが、光電話や光TVです。どちらもファミリー向けのサービスとなります。光でんわは通常の電話よりお安く電話が利用でき、光TVはアンテナが無くてもチューナーがあればTVを楽しむ事ができます。利用される方にはプラスのメリットとなります。

光回線のデメリット

1:開通まで時間がかかる。

光回線は申込みをしてから、工事をして開通となります。これはマンション、戸建ての新築等で期間が随分変わります。通常NTTの機器が入っているマンションであれば10日〜20日程度です。新築の戸建てでNTTに登録が無いような場合は1ヶ月以上かかる場合もあるので、別のネット環境を予備で引く等の対応が必要だったりします。

2:工事に業者が入る

女性の方がいやがるのがこのパターンです。工事と言う名称ですが、実際は作業です。エアコン設置より簡単で時間も短いですが、一人暮らしの方等はなるだけ自室にはいって欲しくないと思われる女性の方が多いので光回線を避けられる傾向にあります。

3:工事費がかかる

新規に回線を設置する場合は 大体 ¥20,000程度の費用がかかります。分割の支払いにするケースが多いので月額¥200 とかになりますが、プラスの費用がかさむ事には代わりはないです。

モバイルルーターのメリット

多くはWiMAXかYmobileのどちらかになるかと思います。使いたい放題で月額¥4,380 程度なので光回線よりも安いです。

1:持ち運びが可能で何処でもネットが出来る

モバイルルーターの一番のメリットがこれです。外出先でもネット環境を持てる事ができるのです。パソコン持ってあちこち移動される仕事をされる方、Wi-Fi環境の無い場所でパソコンを利用する方におすすめです。

2:即日利用可能、工事も不要

契約したら30分〜1時間程で直ぐに使えます。即日お持ち帰りしてネットが利用できるのが大きなメリットとなります。面倒な工事も不要なので女性の一人暮らしの方にもおすすめです。

3:スマホもWi-Fiで利用可能でお得に

基本は使いたい放題プランでの利用になると思います。パソコンを持ち歩かなくても、モバイルルーターを持ち運べば、スマホは基本Wi-Fiで利用する事ができるので最低データプランで利用可能になります。そうするとスマホの月額費用が安く抑える事ができる為、スマホとモバイルルーターのトータル月額料金を光回線等より安くする事ができます。

モバイルルーターのデメリット

1:光回線に比べて速度が遅い

最大708Gbpsとうたっております。実測は場所や時間によって変わりますので一概には言えないです。大体数Mbps〜50Mbps程度かと思います。最大より一桁以上違うので場所によっては厳しい状況となります。実際は10Mbpsもでてれば通常のネット使用に不便は無いと思います。動画再生もHD画質で3〜5Mbps程度です。大容量データのダウンロード等を行う時は少し時間がかかるかなくらいです。

2:小型なので近くでないとWi-Fiできない、場所によっては使えない

一人暮らしでワンルームとか1DK等の間取であれば問題無いですが、3LDKマンションや戸建てで使うのは厳しいです。Wi-Fiの電波はそんなに届かないです。家族みんなで使うにはおすすめしません。個人用にはおすすめです。

光回線と違い携帯の電波を利用する為、圏外な場所だと利用ができないです。過疎地区での利用はエリアの確認が必要となります。

3:持ち運ぶ場合はバッテリーの管理が必要

スマホに加えてモバイルルーターもバッテリーの管理をちゃんとしておかないと、いざ使う時にバッテリーが無いとか大変な事になります。まぁ、自宅に戻ったら充電する事を忘れなければ大丈夫かと思います。

ホームルーターのメリット

果たしてホームルーターと言う名称が正しいのか不明なのですが、SoftBankのSoftBank Air や、WiMAXの Speed Wi-Fiにあたるのがホームルーターと一部で呼ばれております。ようは、持ち運ばないモバイルルーターです。その変わり、本体を大型化してWi-Fiを強くしております。

1:契約して持ち帰って直ぐに使える。工事不要でらくちん。

ここいらはモバイルルーターと同じです。自宅に持ち帰ってコンセントに繋げればWi-Fiが利用できるようになります。面倒な工事ももちろんありません。らくちんで便利なのがおすすめポイントです。

2:モバイルルーターよりはWi-Fiが強い

お住いの状況によって違うのですが、戸建てだと床暖房とかはいってたりするとかなりWi-Fiは厳しかったりしますが、戸建てで利用している方も結構いらっしゃいます。光と違ってコンセントがあれば何処でも設置して使用できるので、皆が比較的安定して使える場所を探してそこに設置するのがおすすめな設置方法です。

 

ホームルーターのデメリット

だいたい、モバイルルーターのデメリットが当てはまります。

1:基本の速度はモバイルルーターと同程度

光回線に比べると遅いです。

2:場所によっては使えない

モバイルルーターと違って自宅に設置する為、自宅が圏外だったりすると無意味になります。お試しも可能なのでエリアが微妙な方や慎重派な方はお試しサービスを利用して実際にどの程度の速度がでるのか試してみると良いかと思います。

まとめ

料金に関しては

光回線:戸建て¥5,000 集合住宅¥4,000 工事費¥20,000

モバイルルーター:使いたい放題プラン¥4,380

ホームルーター:使いたい放題プラン¥4,380

で後は申し込む会社によってキャッシュバック等のサービスがあります。ネットで申し込みが不安な方は、家電量販店での申込みがキャンペーンもあってお得で安心かと思います。

光回線がおすすめな方は、ネットゲームやる方・大量に動画等ダウンロードされる方・家族がいっぱいいる家庭の方です。デメリットは開通までに時間がかかる事、コストがかかる事、引越しする場合は面倒な事です。

モバイルルーターは一人暮らしの方や女性におすすめ、契約して直ぐに使えて工事等も無いので楽ちんです。ワンルーム等であれば自宅用でも問題無いです。欠点はスピードが光に比べて遅いので、安定した高速通信が必要な方には向かないです。

今、人気があるのはホームルーターで、光回線を引くことがでいない集合住宅の方や女性の方、引越しの多い方、で持ち運びしない場合は非常におすすめとなります。速度は場所によりけりなので、不安な方はお試しされるのが良いかと思います。

個人的には、新入生、新社会人な方でゲームとかやらなければモバイルルーターかホームルーターがおすすめかと思います。

インターネット回線でお悩みの方の参考になれば幸いです。