ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

iPhone SE2(仮) の期待と噂の考察

スポンサーリンク

こんにちは、タカタカです。毎年この時期になると新型iPhoneの噂が多数でてきて一喜一憂されてる方々が多いかと思います。

f:id:gadgetkaden:20180423231305p:plain

好きな新ガジェットに対して妄想するのって非常に楽しいひと時かと思います、さてさて最近ですと、出る出ると噂は以前からあって3月に発表有るのではとの期待もありましたが残念ながらiPadのみで非常に残念だった、小型iPhone であるiPhoneSE2かと思います。

コンパクトサイズのスマホを求める方はある一定層しっかりおり、価格設定も低いこともあり日本でも非常に売れる端末になると予想されます。

iPhoneSEが人気の3つの理由

前モデルであるiPhoneSEの人気の理由をまとめてみます。

・手のひらサイズのコンパクトボディ

人気の訳はそのサイズです。現在のスマホのトレンドは大画面ですが、大きく重く、片手で操作がし辛いデメリットもあります。大画面である必要性を求めない方には軽く小さく片手で操作できる4インチサイズのスマホは非常に魅力的になるのです。

小型の画面で問題ない使い方として、動画をあまり見ない、ホームページもあまり見ない、メールやSNS、電話が使えれば良い人には大画面の効果が薄いのでコンパクトモデルの方が良いとなります。

・高性能(発売当時)

iPhoneSE発売当時のメインiPhoneはiPhone6Sで、搭載されていたSoCはAppleの「A9」です。その後に発売されたiPhoneSEに搭載されたSoCも現行iPhone6Sと同じ「A9」が搭載されており、現行iPhoneと同じ性能(処理速度)でした。更に搭載メモリもiPhone6Sと同じ「2GB」となっており、基本性能は遜色ないものでした。

わたしも現在iPhone6S使ってますが、通常使用する分には速度で不満は無いです。ゲームをする方には高性能必須になるかもですが、わたしはゲームはやらないので通常のアプリを使用する分には3世代前のモデルですが問題無いです。

・低価格・コスパが高い

当時の現行iPhoneと同じ性能で価格が非常に安くコスパが高かったです。当時のSIMフリーiPhone6S 16GBが¥86,800程度で、iPhoneSEが¥52,800だったので¥30,000円以上安かったのです。

上記の理由で非常に人気のあったモデルのiPhoneSEの後継がでるとの噂には敏感になるかと思います。

iPhoneSE(2)がおすすめなのはこんな人

今年iPhoneを購入しようかと思っている方で、iPhoneSE(2)を選ぶと良いかと思われる方々を考えてみます。

・両手でスマホを使いたく無い人

片手で操作ができる4インチスマホはもうiPhoneSEくらいですかね、現在は5インチがコンパクトサイズって言われるくらいです。iPhone6Sでも片手だと親指が斜め端まで届かないですからね。片手でさくさく使いたいって方は4インチのiPhoneSEがおすすめになります。

・スマホで漫画や動画を見ない人

4インチだと漫画はきついです、拡大しないと厳しいです。動画も見れなくないですが、迫力にかけます。基本は通話とSNSとニュースがメインな人はSEがおすすめかと思います。もしくは、動画や漫画用にタブレットを併用する方。

・安価にiOS端末を利用したい方

Androidはなんかわからない、周りもiPhoneが多いのでiPhoneが使いたいけど高いなぁって方はSEが良いかと思います。

2018年4月時点のiPhoneSE2の噂まとめ

さてさて、気になるiPhoneSE2の性能ですが、まだまだ噂なのですが、大きなポイントはいくつかあります。

・ホームボタンとベゼルレス

ここがどうなるかが非常に大きな問題になるかと思います。ホームボタンを残すデザインで来るのか、主流のベゼルレスになりホームボタンが無くなりFaceIDになるのか?ここは現段階では不明なのですがホームボタン&touchIDと言う説が濃厚な感じです。コストを下げる為に基本デザインをiPhoneSEと同じにする可能性はあるかと思います。ただiPhoneSEがiPhone5Sとほぼ同じデザインだった為、2世代同じデザインで出すことをAppleが許すのかって思うんですけどね。
iPhoneXで新しいiPhoneの方向性を示したわけですし、この路線で行く考えもありますが、ただ、インド等での低価格Androidに対抗して低価格での普及を目指す場合は旧モデルのデザインのままでコストを下げるってのは非常にあるかと思います、現在のiPhoneSEを利用しているユーザーはそのコンパクトなサイズと仕様を気に入っている為、大きなデザインの変更は求めてないとも考えます。そうするとホームボタン&touchIDが採用されデザインもほぼ同じになるかもしれません。1番気になる点なのですがどうなるのでしょうかね。

・イヤフォン端子の有無

恐らくはイヤフォン端子は無しになるかと思います。ホームボタン無しでイヤフォン端子無しで防水が基本になるのかなと考えます。

・ワイヤレス充電対応

今後のAppleはワイヤレス充電がスタンダードになると思いますので、背面がガラスになりワイヤレス充電対応になる可能性は非常に高いと考えます。

・NFC(Apple Pay)搭載

こちらも基本装備として入ってくるかと思います。iPhone8等と同様Suicaも使えるタイプになるかと思います。

・搭載SoC

搭載Socは現行のiPhoneXや8に搭載されているAppleの「A11Bionic」ではなく、iPhone7に搭載されていた「A10」が濃厚との事です、iPhoneSEの時は当時の最新Soc搭載でコスパ高かったのですが、流石に一世代前のモデルクラスに落ち着くのでは無いかと考えられます。

・サイズ

別の噂では、コンパクトサイズのiPhoneSE2ではなく、廉価版iPhoneXになる可能性も残っておりますが、今のところの噂では現行iPhoneSEと同サイズクラスと言うのがiPhoneのケースメーカーからの情報との事です。

まとめ

まだまだ出るのかさえも定かではないiPhoneSE2ですがAppleの動向が非常に気になります。個人的には、4インチサイズのままで、ベゼルレスデザインが好みです。現在はガラケーとiPhone6Sの2台持ちですが、薄さと価格次第ではガラケーをiPhoneSE2に変更してもいいかなぁと考えております。通話とSNSとニュース見る通勤用ならコンパクトなモデルが好ましいかと思います。後はバッテリーがガラケー並に持ってくれれば即決なのですがここはまだまだ厳しいところですかね。

早ければ来月にでも新モデルが発表あるかもですが、それまで更なる妄想を掻き立てつつ新しい情報を待つのであります。