ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

吉田カバンのポーターを修理に出してみました。

スポンサーリンク

こんにちは、学生時代から吉田カバンLOVEのタカタカです。小物含めると10種類くらい愛用しております。鞄や小物はまずは吉田カバンから検討に入るラブラブっぷりを発揮しております。

f:id:gadgetkaden:20171110123224p:plain

みなさんは吉田カバンってご存知ですか?名前は知らなくてもポーターのタンカーとかは使用している方も多いので見たことある人も多いと思います。

www.yoshidakaban.com

今回は、長年使っている吉田カバンの修理をしたエントリーでございます。

吉田カバンとは

日本の鞄メーカーです。PORTER(ポーター)やLUGGAGE LABEL(ラベッジレーベル)等のブランドがあります。

PORTERのTANKERが有名です、フライトジャケットのMA-1をモチーフにしたデザインが特徴で1983年からの発売との事なので30年以上の歴史があります。

MA-1→TOP-GUN→トム・クルーズな思考で、アルバイトして買って今も現役で使っております。なので20年以上使ってることになります。

吉田カバンのオススメポイント

鞄づくりのこだわりを感じる

「 日本製」にこだわり、日本で「裁断」、「仕上げ」まで行う。そして日本の鞄職人を大切にしたいとの思いもあるとの事、素晴らしいです。

今は中国製でも受け入れられてます、家電やパソコンもメイド・イン・ジャパンは結構見なくなりました。コスト競争や市場が中国製を受け入れている点がありますが、その時代の中でも「日本製」にこだわるストイックなところに惹かれます。

本当に丈夫なので、わたしも20年以上使って今でも通勤に使ってます。素材も良いものを使っているので劣化も少ないと感じます。縫製もがっちり行っているので安心です。

ポケットがいっぱい

これは個人的なポイントですが、鞄の中身を仕分けしたい派なので、鞄の外側と内側に収納できるポケット等がいっぱいついてるのが非常にオススメです。鞄の中がごちゃごちゃにならないので好きなのです。

流行りにのらないが新しさを感じる

基本的にビジネス向けのシンプルなデザインが多いですが、カジュアルな路線もあり変わった生地やデザインのモデルも発売されます。今まで見たこと無い素材を使ったモデルが多く、新しい事へのチャレンジを感じます。

吉田カバンの商品は修理できる。

それでは今回の本題の吉田カバンの修理のお話です。
吉田カバンは修理の受付を行っております。
対応店舗はHPに記載されております。

http://吉田カバン 修理

納期は3ヶ月です。

自宅から近い店舗に電話で確認したところ、修理を承っております。との回答、まぁあたりまえですね、そして納期を聴いたところ「3ヶ月です」との回答・・・・

えっ? 3ヶ月? パソコンや家電品でも3週間くらいなのにっと思って、「そんなにかかるのですか?」と聞き返したら、「修理の数が多く、一点一点手作業で修理を行うので期間が長くなって申し訳ございません」との事でした。
まぁ、わたしも家電の修理受付してた事あるので、こういった納期の期間はマックスの期間を伝える事が多いと思います。短い期間を伝えられて、修理期間が長くなったら怒りゲージはあがりますが、伝えられた期間より早く修理が完了すれば「おぉ、早かったじゃん」と逆に好感度ゲージがあがりますからね。

こればっかりはしょうが無いところですので、了解して修理をお願いしたのが、9月の中頃です。

1週間後ぐらいに見積もりの連絡がきます。

修理品を預けてから1週間くらいで、見積もり連絡が来ました、2つのカバンを同時に修理出したのですが、内容が違うせいか見積もりの連絡もストラップが早く、ファスナーの方は10日くらい経過してからの連絡でした。

気になるお値段は

タンカーのストラップの金具の修理価格は
¥1,300程度

ブリーフケースのファスナーの修理価格は
¥4,000程度でした。

まぁ、想定内の価格でしたのでそのままお願いしました。やはり納期は3ヶ月と言われました。

今回2つのカバンの修理内容は

ひとつはポーターで、ショルダーストラップの金具が取れてしまったので、ショルダーストラップの修理です。わたしは両手がフリーの状態じゃないといやなのでショルダーストラップで斜めがけスタイルが基本なので、カバンのショルダーストラップはマストなのです。とりあえずストラップだけ修理にだして、Amazonで代わりのストラップを購入して使ってます。そのままでいいのではとお思う方もいらっしゃるでしょうが、やはり純正が良いのです。

ちなみに、購入した予備のストラップはこちらです。

素材も質感も問題なく普通に使えるストラップですが、パッドの部分の位置調整可能範囲が狭いので、斜めがけしてカバンを背中に回すとパットの位置が肩からずれてしまうのが欠点です。まぁ予備用なので良しとして使ってます。

もう一つ修理に出したのが、 LUGGAGE LABELのブリーフケースです。ファスナーの縫い目がほつれてしまったのです。こちらはまだ修理中のようです、今年中に戻ってくればいいなぁと思っております。

そしてストラップ金具の修理が完了

連絡が来たので受取にいってきました。

長年の使用で金具同士が擦れ合いすり減って外れてしまっております。

f:id:gadgetkaden:20171110211410j:plain

もう片方もゆるゆるだったので、両方修理して頂きました。

f:id:gadgetkaden:20171110211443j:plain

新品の金具に交換されております。
よく見ると金具の形状が少し変わってます、新しいタイプに進化してるんですかね。

修理して良かった

タンカーのストラップが治ったので、元に戻して使用しております。やはり純正のストラップだとポーターのタンカーらしいデザインになります。時間はかかりましたが、修理して良かったなと感じてます。

吉田カバンは非常に丈夫ですし、素材も良いものを使っているので劣化も少なく長く付き合えるカバンだと思います。修理も可能なので、お気に入りのカバンを修理して共に仕事の相棒として大事に使っていくと魂がやどって神様が生まれるかもしれません(by ここたま:子供が好きなんですよね)