フォルダブル を考察してみる。Samsung Galaxy FoldとHUAWEI MATE X ははたして買いなのか?

こんにちは、ガジェット好きな家電量販店販売員のタカタカでございます。基本的に新し物好きなほうでございますが、今回日本で発売されたらどうしよっかな〜と考えているのが、話題のフォルダブル です。

フォルダブル とは?

広げると大型液晶スマホ or タブレットになるスマホです。
スマホの大画面化は6インチを超えた段階で限界点に達してしまいます。何故なのか?そうです、ポケットに入らないストレートサイズはスマホではなくタブレットになってしまうのです。現状だと7インチを超えるとタブレットに属されると思います。
大きいことは良いことだと昔のコピーでありましたが、画面サイズは大きい方が見やすく、迫力があるのは間違いないです。しかし、モバイル性能は飛躍的に下がります。スマホは持ち運んでもタブレットは持ち運ばず自宅で使う人が多数だと思います。大きいとやっぱり邪魔になってしまうからです。
この部分を何とかしようとしたのが、フォルダブルで画面を折りたためば小さくなって持ち運べるじゃないって考えです。
現状発表されているのは、SamsungとHUAWEIの2社です。それぞれ、アプローチが異なるので比較すると面白いです。

Samsung Galaxy Fold

f:id:gadgetkaden:20190421110149j:plain
最初に発表されたのがSamsungのGalaxy Fold です。内側に折りたたまれるタイプで外側1面と内側2面の計3面に液晶が搭載されたデザインになっております。
半分におりたたむタイプなので、ちょっと厚みがあるが、折りたたむ液晶部が内側になるので、傷からは守られるようになっております。
・画面サイズ:広げると7.3インチ 折り畳むと:4.6インチになります。
折り畳むと結構縦型なデザインになります。
f:id:gadgetkaden:20190421110330j:plain

f:id:gadgetkaden:20190421110341j:plain

日本では発売未定ですが、日本語サイトはあります。

www.galaxymobile.jp
4月下旬発売となっております。現在、レビュー品の故障の報告が相次いで出ているようですが、そのまま発売する見通しです。 Samsungとしてはフォルダブルを最初に発売する必要があるのかと思われますがちょっとリスキーかと思います。

HUAWEI MATE X

f:id:gadgetkaden:20190421132050j:plain
次いで発表されたHUAWEIのフォルダブル スマホ こちらは、Galaxy Fold とは違い、画面を表にして折り曲げるデザインになっております。そして、Galaxy Foloの様に真っ二つに割れるのでは無く、一部だけ折り曲がるようになっており、液晶部分を薄型化させるデザインになっております。
MATE Xは画面が表に来るように折り曲がるので液晶面の強度がちょっと心配なところです。
・画面サイズ:広げると8インチ 折り畳むと表:6.6インチと裏:6.38インチ
・重さ:295g
・厚み:11mm 広げた液晶部:5.5mm
重さはiPad miniとほぼ同じになります。
厚みはiPhone XS が7.7mm、iPad miniが6.1mm なので 閉じると厚いが広げると液晶部分は薄くなります。 厚みは及第点だと思いますが、重さがポイントです。iPad mini の重さがポケットに入るとなると結構な重さに感じるかとおもいます。

f:id:gadgetkaden:20190421132106j:plain

個人的にはMATE Xのデザインの方が良いかと思います。液晶部分は薄く、片側にスイッチやカメラやコネクタ等の機能をつめこんだデザインです。
畳んだスマホのデザイン時も画面の大きはは保たれてますが、畳んだ場合は両面液晶状態なので、より傷や衝撃に対しての対応が必要になると思います。

本家サイトはこちら

consumer.huawei.com

フォルダブルのメリット

・畳むとスマホで広げるとタブレットになるサイズ感が一番のメリットです。
普段、タブレットとスマホを持ち運んでる人はこれ一台で済む用になります。

現状のフォルダブル スマホ のデメリット

・非常に高額

予定では20万を超えるとの事です。パソコンでも20万円を超えるのは一部の高性能モデルですし、一部の人しか購入しないです。
Galaxy Fold :約22万
MATE X:約29万
スマホでこの価格を出す人は、この価格に見合った価値を見出せる人か新し物好きの人かと思います。

・強度の不安

液晶を折り曲げる事による強度の不安は大きいです。曲げるって事は、伸びる部分と縮む部分が生じる事になり、伸び縮みを繰り返す事に対する劣化には不安が生じます。
Galaxy Foldはレビュー用のモデルに対して液晶が壊れたとの報告が多数あがっております。どれだけの数がレビューに出されたのか不明ですが、それほど多くは無いはずです、それにもかかわらずに短期間で故障が発生するのは商品として非常に不安になります。
そして、液晶の傷も心配です。現在のスマホは強化ガラスを使用しており、傷に対して強化されてますが、フォルダブルの折り曲げられるガラスは強化ガラスに比べて半分程の強度だと言われている為、傷にも弱いです。20万以上するスマホの画面が傷だらけになるのは非常に厳しいと思います。

・厚みと重さ

広げて大きく、折りたたんで小さくなる代わりに、厚みと重さは単純に倍化されます。ここは世代が進めば進化するかもですが、現状のフォルダブルではある程度の厚みと重さはしょうがない感じです。
ちなみに、厚みは非公表のようです。
重さは:Galaxy Fold が 「260g」とかなり重いです。 iPhone XS が「177g」なので100g程度も違います。iPad mini が「300g」なのでこちらに近い重量になります。 ポケットにずっしりですね。

現状、フォルダブル スマホがおすすめな人はこんな人だと思います。

・新しいガジェットが大好きな人、はじめてのフォルダブルを実際に使いたい人

第1世代の商品となるのでどうしても「人柱」になってしまう可能性が出てきます。個人的には冷静に見るとデメリットが大きいと考えます。

・どうしてもスマホとタブレットを持ち運ぶ必要がある人

1つにまとまるのは良いですが、2つ持ち運んだ方が正解な場合もあるかと思います。
比較すると、2台持ちよりは軽くすみますが、スマホとして考えると重く、厚いのでモバイル性は微妙です。おそらく、多くの人は現在のスマホのまま画面が広がるようなイメージを考えてるかと思いますがちょっと違います。タブレットが折り畳まれると考える方が正しいです。

・大画面を持ち運ぶ必要がある人

大画面が必要となる場面はゲーム、動画鑑賞、小説やコミックを読む場合は大画面がおススメです。通勤・通学時にゲームや動画をたのしむ人には価値が高いと思います。
ビジネスの場面としては、相手に「見せる」必要がある場合は画面が大きい方が見やすく伝えやすいです。タブレットとスマホの2台持ちよりも、一台にまとめたいと考える人は検討の価値があると思います。

まとめ

個人的には、タブレットは非常に使い勝手が良いと思いますが、自宅で使用する場合に限定されます。通勤時にタブレットはやはり大きくて邪魔ですし、わたしの場合は通勤中にゲームも動画も見ないです。基本はニュースやtwitter見たりして音楽聴くので、大画面の必要性を感じません。
もし、スマホの価格で購入できて、薄くて丈夫なのであれば購入するかと思いますが、現状だとデメリット部分は改善されなそうなので、暫くは様子見になるかなぁと思います。

タブレットとスマホのどちらをメインに使うのか?

ここが検討する場合は重要になるポイントだと感じます。スマホとタブレットの2台持ちをしていて、メインに使うのがタブレットの場合はフォルダブルが良いと思います。
現状のフォルダブルは閉じた状態での利用がちょっと微妙だからです。スマホ形状の場合は重く、厚く、画面も小さい、Galaxy Fold なんて表側の液晶もベゼルが厚くて細長く使いずらそうです。

逆に、わたしなんて、iPad Air を購入して自宅ではiPhoneじゃなくてiPad Airをメインに使用する様になり、持ち運ぶスマホは小型の方が良いなぁと思うくらいになってます。
どうしても、大画面を持ち運んで使いたい、使う必要がある人は検討の余地はあるかと思いますが、非常に高額なので多くの人は様子見になってしまうかと思います。

とはいえ、新しい製品なので非常に楽しみです。恐らく日本では夏モデルとして投入される可能性が高いと思います。実機に触れるのを楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です