メッシュ Wi-Fi と Wi-Fi 中継機はどちらがおすすめ?量販店販売員が解説致します。

こんにちは、最近自宅のWi-Fiが途切れがちなので自宅用のWi-Fiルーターを買換を真剣に検討中のタカタカです。

f:id:gadgetkaden:20190828191617p:plain

 

お客様からも、Wi-Fiが途切れるとか、部屋によってWi-Fiが届かないと言うお悩みを聞くことが多く、その際にメッシュWi-FiかWi-Fi 中継機を提案しております。

今回は、それぞれの環境にあったWi-Fiは結局何が良いかをまとめてみたいと思います。

メッシュ Wi-Fiとは?

簡単に言うと複数のルーターが相互に通信する事により、広いエリアの多数のWi-Fi機器を安定して通信させる事ができるシステムです。

メッシュWi-Fiのメリット

複数台のルーターでカバーするので、より広いエリアで安定したWi-Fiが使えるのがポイントです。
通常のWi-Fiルーターが1台で全てのWi-Fi機器を処理するところ、複数台のメッシュWi-Fiが分散して処理するので、1台当たりのルーターの負荷が軽減される為、Wi-Fi機器が多い場合に適しております。

メッシュルーダーのデメリット

結局ルーターが複数台設置する形になるので、コストがかかります。

更に、現状のルーターに追加する事はできず、新たにメッシュWi-Fi システムに入れ替える必要がある為、買換費用がかさみます。

Wi-Fi中継機とは?

Wi-Fiルーター1台ではWi-Fiが届かないエリアを広げる為に、中継機を置くことにより、より遠くのエリアまでWi-Fiが届くようにするシステムです。

Wi-Fi中継機のメリット

現状のWi-Fiルーターに追加購入でシステムが完了するので、安価にいままでWi-Fiが届かなかった場所、Wi-Fiが弱かったエリアを強化する事ができます。

Wi-Fi中継機のデメリット

中継機によりエリアは広がりますが、Wi-Fi機器を処理するルーターはもともと設置しているルーター1台で処理する為、Wi-Fi機器が多い場合は速度低下や不安定になってりします。

メッシュWi-Fiがおすすめな人

①:部屋数が多い

タカタカ家は3LDKですが、リビングにルーターを設置すると、寝室でスマホを使ってると時々、Wi-Fiが途切れて4Gになったりします。

②:Wi-Fi機器が多い

タカタカ家のWi-Fi機器数

改めて、自宅のWi-Fi機器の個数を数えたら軽く二桁超えておりました。

 

台数

MAC

1

VAIO

1

iPhone

2

iPad

2

プリンター

1

TV

1

レコーダー

1

Switch

1

Google Home

2

HUE

1

ルンバ

1

合計

14

最近、Wi-Fiが繋がらない状態がちょいちょい出てきたのはWi-Fi台数が多いからかと推測されます。

これらが同時に接続するわけではないですが、基本的に電源は入っており、Wi-Fiに常時接続されている状態なわけです。

家族で、スマホやタブレットを使用して、最近のTV等を使用していれば、10台以上のWi-Fi機器がある状態は普通にあると思います。

更に、冷蔵庫や洗濯機等もWi-Fi対応のモデルもあります。今後は更に IoT家電は増えますので、メッシュWi-Fiの必要性が高まります。

Wi-Fi 中継機がおすすめな人

①:Wi-Fi機器は少ないが部屋数が多い人

Wi-Fi機器はスマホとパソコンだけとかで1〜3台くらいで、タカタカ家みたいに寝室は電波が弱いとか、2FにはWi-Fiが届きにくいなんて場合は、Wi-Fi中継機で対応可能になります。

②:低予算でWi-Fiのエリアを広げたい人

Wi-Fi中継機は数千円からあります。メインで使用する部屋でのWi-Fi速度や安定性に問題が無く、寝室や子供部屋だけ電波が弱いなんて人は、お安く改善が可能になります。

タカタカ家の場合

上記Wi-Fi機器がほぼリビングに集結し、TVでYouTube見てる時にぐるぐる回ってWi-Fi接続が不安定になってり、MACでネットみててもいつの間にかネットが切断されてたりします。

更には、寝室だとWi-Fiがギリギリ届くかどうかなので、Wi-Fi中継機では改善がのぞめません、コストがかかりますが、わたしの家の場合は、Wi-Fi機器が14台も稼働している為、メッシュWi-Fiの導入が良いと判断しました。

おすすめな メッシュ Wi-Fi

わたしの好きな言葉は「コスパ」です。高くて良いのは当たり前!安くてそこそこの性能が大好きです。

そこんとこを強調してコスパが良いメッシュWi-Fiは何かをチェックします。

メッシュWi-Fiの選びのポイント!

わたしの導入目的としては、自宅のWi-Fi環境の安定とエリア拡大です。なので、Wi-Fi速度には現状で不満が無いので、ハイスペックは不要となります。

では、どの性能を見て決めるべきか見てゆきます。

・トライバンド

f:id:gadgetkaden:20190828174507p:plain

Wi-Fiの電波は5GHzと2.4GHzがあります。

トライバンドとは5GHzが2つ、2.4GHzが1つの合計3バンドなルーターです。

デュアルバンドは5GHzが1つ、2.4GHzが1つの合計2バンドなルターです。

トライバンドの方が、価格が高く速度が早いです。

しかしながら、その差はルーター2台にWi-Fi機器10台程度だと、20%も差が無い程度なので、速度を早くしたい人は、トライバンドが良いです。後は、価格差です。価格差が少なければトライバンドが良いになりますし、価格差が多ければ、じゃぁデュアルバンドで良いかになると思います。

または、3台以上のメッシュWi-Fiと使うとか20台以上のWi-Fi機器があるのであればトライバンドがより効果的になるのでおすすめです。

・最大通信速度

パッケージにも大きく書かれてますが、実測で出た試しがないので個人的にはこだりは全く無いです。

Wi-Fiの速度が必要になる人とは?

動画等大容量ファイルをアップロード・ダウンロードを頻繁に行うような使い方をする人

ネットゲームをメインに行い、遅延を気にする人。ただ、本当に気にするのであれば有線にすべきだと思います。

これらを行わない人は、最大通信速度は予算に余裕があれば選択すれば良いかと思います。

・有線LANポート

Wi-Fiメインとわ言え、ゲーム用に有線LANが使いたいとか仕事のメインデスクトップマシンは有線が良い場合があります、メッシュWi-Fiは有線LANポートは少なめなので、有線LANが必要な場合は、ここもチェックするポイントになるかと思います。

ちにみに、わたしは現状有線LANは使用しておりません。多くの家庭でも使ってない人が多いかと思います。その場合はここも選択ポイントからは外れます。

・価格

個人的に一番大事なのがここです。通常1システム3万円程度するメッシュWi-Fi は非常に高いです。多少性能低くても、型落ちでも安く メッシュWi-Fiを導入したいと思う人は多いと思います。

ここはしっかり価格をチェックしたいです。

おすすめメッシュWi-Fi メーカー5選

今回は、タカタカが検討しているメッシュWi-Fi 2ユニット構成でチェックして行きます。価格に関しては、タカタカの自宅の3LDKでの利用を考えて2ユニットで検討してます。ちなみに価格は2個セットと単品×2個で安い方の価格を記載しておりますのでご注意ください。

①:Google Wi-Fi

store.google.com

Googleが販売するメッシュWi-Fi、米国で2年前に発売されてるモデルなのでお安めですい。モデルは1モデルでデュアルバンドモデルのみ、3個セットと単品があります。
我らがコストコでも販売してます。

おすすめポイント

・デュアルバンドですが、価格はお安め!3台セットは高いので単品購入がおすすめです。Google Wi-Fiを購入するならコストコが安くておすすめです。ただ、価格は変動してるので安い時に買うのがよいです。本体もコンパクトなので設置場所をそれほど選ばないと言うのも良いかと思いまます。

 

Google Wi-Fi

 

Google Wi-Fi 2個

バンド数

2バンド

受信可能範囲

360㎡

最大通信速度

AC1200

2.4GHz

400Mbps

5GHz

867Mbps

ビームフォーミング

アンテナ数

4

CPU

710MHz QC

メモリ

512MB

WAN/LANポート

2

重さ(単体)

340g

コストコ価格

¥19,600

価格コム最安値

¥20,534

Amazon 価格

¥21,760

ヨドバシ価格

¥32,400

 

 

②:LINKSYS VELOP

www.linksys.com

Apple Storeで売られてましたが、Amazonや量販店でも購入可能になりました。現行はトライバンド対応ですが、安価なデュアルバンドもあります。

おすすめポイント

・細長い縦型なのでデザイン的にはスマートで好みです。設置面積が少ないのはポイント高いです。しかしながら、価格は高めなのでちょっと微妙です。

LINKSYS VELOP

 

トライバンド2個

WHW0302−JP

デュアルバンド2個

WHW0102-JP

バンド数

3バンド

2バンド

受信可能範囲

360㎡

280㎡

最大通信速度

AC2200

AC1300

2.4GHz

400Mbps

400Mbps

5GHz

867Mbps ×2

867Mbps

ビームフォーミング

アンテナ数

6

3

CPU

716Mhz QC

867Mbps ×2

メモリ

512MB

256MB

WAN/LANポート

2

2

重さ(単体)

460g

300g

価格コム最安値

¥34,300

¥22,100

Amazon 価格

¥34,000

¥22,779

ヨドバシ価格

¥38,850

¥24,810

 

www.tp-link.com

M9/M5は円形が特徴的な(今はBUFFALOもですが)メッシュ ルーターです。以前から量販店で見かけている人も多いかと思います。

おすすめポイント

・デュアルバンドモデルはお買い得なお値段。価格だけならM4が最安になりますが、ちょっと性能が落ちるところなので微妙なところです。

 

TP-Link DECO

 

M9 Plus

M5

M4

バンド数

3バンド

2バンド

2バンド

最大受信可能範囲

420㎡

350㎡

260㎡

最大通信速度

AC2200

AC1300

AC1200

2.4GHz

400Mbps

400Mbps

300Mbps

5GHz

867Mbps ×2

867Mbps

867Mbps

ビームフォーミング

アンテナ数

8

3

2

CPU

クアッドコア

クアッドコア

メモリ

512MB

256MB

128MB

WAN/LANポート

2

2

2

重さ(単体)

440g

220g

365g

価格コム最安値

¥26,800

¥17,380

¥15,160

Amazon 価格

¥29,780

¥16,900

¥11,680

ヨドバシ価格

¥33,340

¥19,540

¥14,450

 

④:NET GEAR Orbi

www.jp.netgear.com

性能は一番高いが、本体も一番大きいのが微妙なポイントです。スペック重視でいくならこれです。

しかしながら、本体重量が1kg近いとか凶悪です。1733Mbpsの速度とLANポートの多さのメリットがありますが、非常に大きく重いのが残念なのです。

NETGEAR Orbi ルーター+サテライト

 

RBK50-100

RBK20-100

バンド数

3バンド

3バンド

最大受信可能範囲

350㎡

200㎡

最大通信速度

AC3000

AC1300

2.4GHz

400Mbps

400Mbps

5GHz

1733Mbps

867Mbps

867Mbps×2

ビームフォーミング

アンテナ数

6

4

CPU

710MHz QC

クアッドコア

メモリ

512

WAN/LANポート

4

2

重さ(単体)

889g

476g

価格コム最安値

¥32,880

¥23,110

Amazon 価格

¥34,138

¥22,018

ヨドバシ価格

¥37,550

¥27,330

 

 

⑤:BUFFALO Airstation Connecte

www.buffalo.jp

BUFFALOのメッシュWi-Fi パソコンに親しく無い人には昔ながらの日本のメーカーなので親和性が高いかと思います。指向性アンテナを採用しているのが他に無いポイントなので、Android TV で4K動画を楽しみたいなって人にはアンテナの向きをTVに合わせたりすると快適な環境が得られるようです。

こちらのモデルは他のメーカーと比べて、上位機種との価格さが少ないので、BUFFALOを検討している人は、上位機種のWTR-M2133が良いです。¥2,000 程度の違いだったらトライバンドのWTR-M2133の購入をおすすめ致します。

BUFFALO AirStation Connect

 

WTR-M2133

WRM-D2133

バンド数

3バンド

2バンド

最大受信可能範囲

最大通信速度

AC2200

AC1300

2.4GHz

400Mbps

400Mbps

5GHz

866Mbps×2

866Mbps

ビームフォーミング

アンテナ数

4

4

CPU

メモリ

WAN/LANポート

4

2

重さ(単体)

 

 

価格コム最安値

¥21,230

Amazon 価格

¥23,769

¥21,249

ヨドバシ価格

¥26,290

¥23,600

 

 

まとめ

トライバンドでおすすめなのはNETGEAR Orbi RBK-20 です。

トライバンドを搭載して価格的にもお買い得なのが

NETGEAR Orbi RBK20-100 です。

2ユニット価格が¥22,000 程度と一台当たり¥11,000 で非常にコスパが高いです。その他のスペックも基本レベルをキープして、重さも上位モデルの半分の重さで大きさも小さくなって普通サイズになっているのも良いです。

性能と価格のバランスが良いので個人的に一押しのモデルです。

 

 

2ユニットで¥11,680 は破格の値段です。ノーマルルーターの上位と同じ価格でメッシュWi-Fiが導入できる価格となります。

デュアルバンドやアンテナ数の少なさ、2.4GHz帯の速度がちょっと遅い等、速度に関しては早くないですが、広範囲をそこそこの速度で良いのでカバーしたいのであれば、M4 がおすすめです。

 

 今、Wi-Fiが途切れる事がある人、自宅の場所によってWi-Fiが届かない人何年もルーターを買い替えて無い人は是非とも買い替えを検討してみては如何でしょうか?

安定、快適なWi-Fi環境を構築できますよ!