家電量販店でお得に使えるQRコードは何か?販売員目線でチェックします。

こんにちは、お得大好きなタカタカです。今回は多数乱立するQRコードを家電量販店でお得に利用する方法を考察して見たいと思います。

f:id:gadgetkaden:20190825003109p:plain

QRコード決済とは?

基本のQRコード決済については以前記事にしておりますのでよろしければ御覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com

超お得なキャンペーンの推移

過去に行われた家電量販店で有効だった非常にお得なQRコード決済キャンペーンを見てゆきます。

PAYPAY:100億円あげちゃうキャンペーン

QRコードが乱立した立役者としてはPAYPAYがあります。
もちろん昨年行った超お得なキャンペーン「100億円あげちゃうキャンペーン」のおかげです。
現在でも量販店でのお得さで言いますと、このキャンペーン以上にお得なキャンペーンは出てません。恐らく今後も出ないかと思います。

お得だったポイントは3つです。

①20%還元

②最大25万円までの支払いに対応し、最大5万円のチャージ分が還元

③抽選で全額チャージバック(10万円まで)

今でも①の20%の還元は行っているキャンペーンはありますが、還元金額が¥1,000 とか¥500 とか非常にしょぼい金額になっております。
量販店ならではの高額商品に対しての20%還元は本当にお得でした。
なんにしても還元される金額が大きかったのです。最大5万円分が還元されたのですから凄いです。

このキャンペーンは正直乗ったもの勝ちで、100億円は早期に達成し10日間程度でキャンペーンは終わってしまいました。

マイナスポイントとしては、お得すぎた為に不正利用が発生して、問題になり、カードの登録や利用金額にいろいろ制限が発生する自体になり、次回以降の反省点として高額還元が消滅してしまいました。

キャンペーン時にタカタカの購入した商品:テレビ・シェーバー

www.gadgetkaden.com

www.gadgetkaden.com

第2段の100億円あげちゃうキャンペーン

第2段は還元金額が最大¥1,0005万円から大幅ダウンして高額品に対してはメリットが無くなってしまい、家電量販店でのお得度は下がってしまいました。コンビニ等で日頃使うコード決済をお得にってな流れになってしまっております。


 

LINE Pay:平成最後の超PAY特祭り!!!

PAYPAYの対抗馬として非常に活発だったのがLINE Payです。日本で多くのユーザーが利用しているLINEに紐付いたQRコードの為、導入は他のQRコードより容易かと思います。

お得なポイント

①実質最大20%還元

②最大還元総額 ¥10,000

通常だと総額 ¥5,000 還元のところ、LinePayアプリを利用で倍の¥10,000 還元になるのが大きなポイントです。
¥10.000 分の還元だと、¥50,000 の商品まで対応になるので、家電量販店でのそこそこの金額の商品がお得に購入が可能になりました。

キャンペーンでタカタカの購入した商品:トースター・子供のおもちゃ等

d払い:d払い20%還元キャンペーン

d払い自体はPAYPAYよりも早く開始してましたが、PAYPAYやLinePayに捲られた感じなd払いがPAYPAYとLINEPayがキャンペーンをやらない、2019年7月にしかけてきました。7月はd払い一択だったです。

お得なポイント

・20% dポイント還元

・最大 10,000ポイント

LinePayはLinePayアプリ利用で最大10,000円分でしたが、d払いはエントリーすれば最大10,000ポイントでした。

7月は他に目立ったキャンペーンが無かったので、d払い一択な感じでした。

キャンペーンでタカタカの購入した商品:SONY WF-1000XM3

www.gadgetkaden.com

チェックポイント

現在の流行りとしては、最大¥10,000 分の還元がひとつのポイントになります。

購入金額で言うと、¥50,000 分となり、ある程度の高額商品購入時にまるまる20%分の還元の恩恵を得ることができます。

 ただ、どこも期間限定のキャンペーンなので、キャンペーン発動時はそのQRコードを利用するスタイルが良いです。

では、通常はどのQRコード払いをメインで使うのがお得か?

数あるQRコードをすべて使うのは正直面倒ですし、できれば一つに絞りたいところです。しかしながら、お得なキャンペーンの威力が絶大なので、キャンペーン時はキャンペーンのQRコードを利用し、普段は基本の還元率が良いQRコード決済を利用するのが良いです。

還元率一覧(各種キャンペーン適用は除く)

 

基本還元率

最大還元率

PAYPAY

0.5%

3%

LinePay

0.5%

2%

d払い

0.5%

7%

楽天PAY

0.5%

1.5%

auPAY

0.5%

1.5%

origaiPAY

0%

0%

メルペイ

0%

0%

ポイントは基本の還元率と最大還元率です。

基本の還元率とは?

だれでもそのQRコード決済を行えば還元される利率です。クレジットカードのポイント還元率と同じようなイメージで良いです。
ただ、QRコードはクレジットカードの紐付けがあるとQRコードとクレジットのポイントダブル獲りが可能になるのでよりお得度は増します。

表を見るとわかるように、基本還元率は0.5%と0%の2種類に分かれます。正直0%だと継続して利用するメリットは無いです。キャッシュレスはどのQRコードも同じなので、よほど普段利用する店舗でそのQRコードしか利用できないとか無ければメインのQRコードとして利用するメリットは無いです。

最大還元率とは?

対象ユーザーが得られる最大のポイント還元率です。多くはQRコード決済会社の提携するクレジットカードの登録や、サービスの加入等によって大きく変わります。

基本のQRコードに使用する場合は、普段利用するサービスに関連するQRコード決済の還元率の最大化が非常に効果的になります。

ドコモユーザーならd払い、ソフトバンクユーザーならPAYPAY、auユーザーならauPAYと携帯電話会社に合わせるとわかりやすいです。

ここは結構差が付きます。ぱっと見、d払いが凄いのですが、その分ハードルが非常に高いので、もともとそのサービスを利用しているとかでなければ、1%還元されるメリットとそのサービスに加入する費用を検討する必要があります。

それぞれのQRコードを見てゆきます。

PAYPAY

PAYPAYは基本の還元率は0.5%ですが、yahooカードを登録してYahooカード支払いにすると3%になります。ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーでyahooカードを持っていれば、登録するだけで3%還元と非常にお得な還元率が手に入るので非常におすすめなQRコードとなります。

一回の還元額が¥15,000 月の付与上限額も¥30,000 と非常に高額なので、月に100万円以上QRコードで買い物をしなければまるっと3%還元されるので多くの人に非常にお得になります。

また、Yahooカードは年会費無料なのでPAYPAYをメインのQRコードにするならカードを作って登録して支払いに利用するのがお得になります。3%は非常に強力なので検討してみてはいかがでしょうか?


 

LINEPAY

LINEPAYも基本還元率は0.5%です。LINEはカードの特録ではなく、月の利用額によって還元率が変わるのが特徴です。

f:id:gadgetkaden:20190824155942p:plain

カラーは4段階に分かれます。

グリーン:支払い金額 10万円以上/月
ブルー:支払い金額 5万円〜10万円未満/月
レッド:支払い金額 1万円〜5万円未満/月
ホワイト:支払い金額 0円〜1万円未満/月

と月にLINE Payで支払う金額が高いと還元率が高くなる仕組みになっております。
家電量販店とコンビニで生活する人でも、毎月10万は厳しいかと思います。生活費をLINE Payで払えるようになればLINE Payをメインコードにするメリットがでてきます。

スコアについて

LINE Payはカラーとは別にスコアとうい概念があり、スコアを登録してスコアの数値によっても還元率が変更されます。月の支払額が低くてもスコアの数値が高ければ高額還元が可能となります。

スコアに関しては診断が必要となり、個人情報・支払い状況・支払い遅延等の信用スコアでの診断となるので個人情報以上の情報を管理される事になります。ここは人によっては判断が分かれる所だと思いますのでじっくり検討されるのが良いかと思います。

d払い

d払いが最大7%還元と圧倒的な還元率となりますが、その中身は非常にハードルの高い仕様となっております。

f:id:gadgetkaden:20190824224339p:plain

・dポイントプログラムがプラチナステージ +1%

ドコモ利用期間が15年以上か、6ヶ月累計でdポイント獲得が10,000pt以上と非常にハードルが高いです。もともとドコモを15年以上利用している人は還元率が+1%になるので長年ドコモを利用していたメリットが出ますね。

f:id:gadgetkaden:20190824224645p:plain

 ・dカードでドコモの支払いをしている。

ドコモユーザーでdカードを持っている人はdカードを支払い設定すると+1%還元です。ドコモユーザーならdカード作って支払い変更すべきです。

・ドコモの月額課金サービスに加入

dミュージック・dマガジン・dTV等のドコモが提供する月額課金サービスを利用すると+2%還元とすごい事になります。

d払いをメインにするなら、なんらかのサービスに加入すればもとは十分とれると思うので加入するのがおすすめです。

例えば、月に5万円d払いを利用すれば2%の1,000円分が還元されます。
dTVであれば月額500円なので、dTV分と+500円分が還元されることになります。ドコモの月額サービスは21種類あるので、どれか気になるサービスがあり、月額料金が低ければ入るのが良いです。

・いちおしパックに加入 +1%

ドコモのサービスがつまったパックである「いちおしパック」に加入が必要です。料金は月額500円です。

保証サービスであるあんしんパック、クラウドサービス 50GB分だったりと人によっては入っても良いかと思われる内容ですが、+1%の為に入るのには微妙です。

・DAZN for ドコモ 加入 +1%

スポーツ専門コンテンツであるDAZN for ドコモに加入してれば+1%還元です。
ドコモユーザーなら月額980円なのでドコモユーザーでスポーツ好きな人は加入しているかもしれません。

・DISNEY Deluxe 加入 +1%

DISNEY系動画サービス、月額700円です。DISNEY・PIXAR・STAR WARS・MARVELが好きな人は加入しているかもです。

これらすべてのサービスに加入する事により最大7%還元になります。

まぁ、全ての還元率アップに対応できる人は非常に稀かと思いますが、ドコモユーザーでdカード作って、ドコモのサービスに加入すれば、3.5%還元になるので非常にお得になります。

個人的にはドコモユーザーは基本QRコードはd払いで良いかと思います。

・楽天PAY

楽天PAYは最大1.5%なので上記3QRコードと比較すると少ないです。ただ、様々な支払いを楽天で利用している場合は楽天にまとめるメリットはあるので、楽天経済圏の人は楽天にするのもありです。

・auPAY

auPAYはauユーザーにしか利用できないという大きなハードルがあります。そして通常は0.5%還元、auスマートパスプレミアム会員の人は1.5%還元とやはり、上位3コードと比較して低いです。

お得にQRコードを利用するなら、Yahooカード作ってPAYPAYかスコア診断してLINE Payが良いです。

 

おすすめなQRコード利用法

1:メインのQRコード支払いサービスを決める

基本的におすすめなのはPAYPAY・LINE Pay・d払いの3コードです。

それぞれ、基本還元からアップしての利用がおすすめです。

PAYPAY:無料のYahooカードを作って登録して支払いに使用

LINE Pay:支払い額が多いかスコア登録

d払い:ドコモユーザーかドコモサービス利用

上記で2〜3%還元となるので通常利用で高倍率ポイント還元されます。

上記3種のどれかを基本的に使用するメインQRコードとして利用します。

2:キャンペーン時に他のQRコードを利用する。

記3種類は絶対、できればその他のQRコードサービスアプリはインストールして使用できる状態にしておくのが良いです。

20%還元キャンペーン等、オトクなキャンペーン利用時はそのQRコードを利用します。メイン以外で溜まったポイントはコンビニや家電量販店、飲食店等使える場所で優先的に使用します。

アプリはスマホに入れておくだけで、使う時に選ぶだけなので負担は少ないです。メイン一択で集中的に貯めるより、メインで利用しつつ、オトクなキャンペーン時はしっかり乗るのが絶対におすすめです

まとめ

QRコード決済サービスは非常に多岐にわたりますが、現状のサービス内容と利用店舗を考えると、上位3種がPAYPAY・LINE Pay・d払いです。

後は自分にあったサービスをメインQRコードサービスにして通常使いにして、ポイントを貯める。毎月入れ替わるオトクなキャンペーンはしっかり把握して、QRコード支払いを切り替えてしっかり貯めるのがポイントです。

お得にQRコードを利用するには、情報の収集と使う店舗、使うタイミングでQRコードアプリを切り替える必要があります。

面倒と感じる人は、そもそもQRコードを使わず、クレジットカード一択で良いですが、上手に利用するだけで、通常利用で年間で数万円変わってくると考えるとちゃんと考えて利用する価値はあると考えます。

今後、いろいろなサービスやキャンペーンがでてくると思いますので注意深くチェックして行きたいです。


 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です