2020年 福箱(福袋)予想の為に、ビックカメラ「令和福箱」の中身とお得度をチェックしたいと思います。

こんにちは、昭和生まれのタカタカでございます。時代は平成を通り越して令和になり、あちこちで令和フィーバーが巻き起こっている中で、家電量販店のビックカメラが「ようこそ令和」のキャンペーンを開始しました。
f:id:gadgetkaden:20190504111014j:plain
そのキャンペーンの目玉が「令和福箱」です。家電量販店お得意の福箱(福袋)の投入となります。
新年ではなく新元号に対しての福箱、期待も高まるところです。2019年との比較、そして来たる2020年の福箱を予想する上でも重要な「令和福箱」の中身をチェックします。

2019年福箱

その前に、2019年の福箱を振り返ってみましょう。
今年初めに書いた「2019年ビックカメラ・ヨドバシカメラの福袋(福箱)の中身をチェック!人気と割引率でランク分けしてみました。」をご覧ください。

www.gadgetkaden.com

2019年はTwitterでの事前告知で商品を間違えちゃったりで少々荒れたようでした。
お得な商品としては
・iPad 第6世代
・Surface Go 128GB
・BOSE フルワイヤレス Sound Sport Free
・ASUS SIM FREE スマホ ZEN Fone Max Plus M1
あたりが順当な当たり品だったかと思います。2018年のMacBook Proみないた超当たりは無かったのは残念なところでした。

2019年 令和 福箱

さて、今回の「令和 福箱」をチェックしましょう。
通常価格は基本ビックカメラ.COMの価格を参照(もしくは価格COM)福袋ランクは2019年福箱の記事で使用したランク表を参考にします。
f:id:gadgetkaden:20190504112209j:plain

Surface 福箱 ¥46,800

・Surface Go 128GB(MCZ00014)
・タイプカバーキーボード(KCM00019)
・液晶保護フィルム

www.microsoft.com

通常価格:本体¥71,800 キーボード¥11,800 フィルムは¥1000程度
合計:¥84,600
割引率: 45%
福袋ランク: 「B」
結論2019年福箱のSurface福箱と同じ内容でした、Surface で10型ならGoしか無いので、想像は優しかったですね、さすがに2019年が128GBで令和が同じ価格で64GBになる事は無いと思ってましたが、想像通りでした。
定価からすると半額近い価格なので欲しかった人には非常にお得かと思います。
しかし、Surface箱が「Go」という既定路線になってしまう気がしてちょっと寂しいです。2020年には是非とも「Pro」」も復活させて欲しいと思います。

海外メーカーパソコン 福箱 ¥45,800

:
・HP 15dp−G1 4PD04PA-AAAA
AMD E2 メモリ4GB 1TB HDD Office搭載
・ノートン1年版
・ワイヤレスマウス

jp.ext.hp.com

通常価格: 本体¥64,800 ノートン ¥5,480 マウス ¥1,000
合計:71,280
割引率: 35%
福袋ランク 「C」
Office付きの15インチが¥50,000 以下は,通常ならお買い得なレベルです。夏や冬のボーナス時期なら特価品で出る場合もあるかなといったところです。ノートンとマウス分はお得な感じです。
Office付きパソコンをお安く購入したい人には定番な福箱です。

国内メーカーパソコン 福箱 ¥49,800

・東芝 P1B2MPHB 15インチ Office搭載
・ノートン1年版
・ワイヤレスマウス
情報が無い為、正確な価格は不明ですが、恐らくはCeleron Office パーソナルのBシリーズの後継かと思います。その価格で考えると。
通常価格: 本体¥69,800 ノートン ¥5,480 マウス ¥1,000
合計:76,280
割引率: 35%
福袋ランク 「C」
Twitter情報から型番は出てきましたが、スペック等はネットで検索しても出てこないです。おそらくはオリジナルモデルかと思います。おそらくはBモデルの後継かと思われるので、CeleronのOfficeパーソナルでしょう。 海外メーカーとの価格差が¥4,000 は妥当なところです。

タブレット 福箱 ¥9,980

・HUAWEI MediaPad T3 7 BG02W09
・ノートン1年版

consumer.huawei.com

通常価格: 本体¥10,800 ノートン ¥5,480 マウス
合計:16,280
割引率: 40%
福袋ランク 「C」
タブレット福箱ですがMediaPad T3 7 は¥10,000 程度で販売されているので正直微妙です。ノートンがおまけに付いてくる感じです。

SIMフリースマホ 福箱 ¥12,800

・HUAWEI MATE 20 Lite

consumer.huawei.com

通常価格: 本体¥34,800
割引率: 65%
福袋ランク 「A」
ビックカメラで¥34,800 で販売されているので、価格的に非常にお買い得です。2019年福箱もSIMフリーは非常にお買い得だったので、SIMフリー福箱は当たり率が高いかと感じます。2020年も要チェックです。

PS4 Pro 福箱 ¥39,800

・PlayStation4 Pro 2TB(CUH-7200CB01)
・ワイヤレスコントローラー

www.jp.playstation.com

通常価格: 本体¥40,000 コントローラー ¥5,370
合計:¥45,370
割引率: 12%
福袋ランク 「D」
PS4 Pro 2TB が定価¥45,000が現在¥40,000に下がっているのでワイヤレスコントローラー分だけお得となります。しかし、通常で購入するとポイントが5%なのに対して、福箱は1%なので、実際は¥2〜3,000 程度のお得度なのでこちらも微妙です。せめて2019年福箱のようにおまけソフトが付いていれば良かったのにと思う次第です。

ブルートゥースセット(スピーカー×イヤホン)A 福箱 ¥19,800

・BOSE SOUNDLINK MINI2
・BEATS X

https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/portable_speakers/soundlink_mini_ii.html

www.beatsbydre.com

通常価格: スピーカー ¥18,380 イヤホン ¥9,790
合計:28,170
割引率: 30%
福袋ランク 「B」
人気のBOSEのBluetoothスピーカーとBEATSのイヤホンセットです。通常価格が合わせて¥30,000 程度なので、片方欲しかったらお買い得な感じに仕上がってます。 共に旧モデルではありますが、良い音出しますので個人的にはおすすめです。

ブルートゥースセット(スピーカー×イヤホン)B ¥15,800

・SONY SRS−XB21
・BOSE Sound Sport Pulse

www.sony.jp

https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/headphones/earphones/soundsport-wireless-pulse.html?mc=26_PS_WH_BO_00_GO_&&&&gclid=CjwKCAjwza_mBRBTEiwASDWVvlH_gaxBuvjm40pN7OVkHKOPg4n687ImxrD8mlpFXZGRm6mXoYxHjxoCl9UQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

通常価格: スピーカー ¥7,440 イヤホン ¥16,800(ヨドバシ最終売価)
合計:24,240
割引率: 35%
福袋ランク 「C」
こちらも人気のSONYとBOSEの組み合わせです。スピーカーのグレードが下がるのとBOSEのイヤホンが2016年モデルなのでちょこっと微妙です、どっから出土されたのでしょうか?。通常売価が合わせて¥24,000 程なので、デザインの好みが合えばお得感がアップします。

デジタルオーディオプレーヤー×フルワイヤレスイヤフォン 福箱 ¥14,800

・SONY NW−S313(4GB)
・GLIDIC SOUND Air TW−5000S

www.sony.jp

glidic.jp

通常価格: プレーヤー ¥11,380 イヤホン ¥6,740
合計:¥18,120
割引率: 20%
福袋ランク 「D」
共に微妙な組み合わせで、価格も通常価格が¥18,000 程なので価格もまた微妙な感じに仕上がってます。いわゆるはずれです。

1TB 2番組同時録画ブルーレイレコーダー福箱 ¥29,800

・Panasonic DMR−BW1050

panasonic.jp

通常価格: ¥44,800(ビック最終売価)
割引率: 35%
福袋ランク 「C」
ビックカメラの最終売価が¥4,4800 価格コム最安値が¥34,800 なので普通です。 PanasonicのHPに記載されている「DMR-BRW1050」の量販店型番のようです。

500GB 2番組同時録画ブルーレイレコーダー福箱 ¥26,800

・Panasonic DMR−BW550

panasonic.jp

通常価格: 本体¥30,370 (ビック最終売価)
割引率: 10%
福袋ランク 「D」
ビックカメラの最終売価が¥30,000 価格コム最安値が¥28,800 ですので微妙です。1TBモデルとの差が¥3,000 なので正直1TBが良いです。1TBと500GBでメーカーが違えばまた違った結論になるかと思いますが、同じメーカーだったので非常に残念に仕上がってます。 こちらも1050同様に量販店型番となります。

一眼レフセット 福箱 ¥47,800

・NIKON D3400 ダブルズーム
・SanDisk 32GB SDカード
・ハクバ 液晶保護フィルム

www.nikon-image.com

通常価格: 本体¥71,090 SDカード ¥5,380 フィルム ¥724
合計:77,194
割引率: 40%
福袋ランク 「C」
ビックカメラ価格だとカメラが¥70,000 程ですが、価格コムだと¥50,000 程度なので微妙な感じです。カメラ自体も2016年のモデルなので更に微妙です。
個人的には高性能コンパクトが非常に欲しいので、是非とも高性能コンパクト福箱を出して欲しいです。

まとめ

令和福箱は残念ながらアップル製品はBEATSが入ったくらいで、定番のiPadも無かったのが残念なところです。
中身は名前と価格である程度想像しやすかったと思います。その代わり、サプライズも無く物足りない感じです。大きな外れも無いが当たりもない感じです。
個人的には福箱は当たり外れの振れ幅が大きい方が良いかと思うんですよね、ドキドキ感とサプライズ感が大事だと思うんですよ、無難な中身じゃ楽しくないので、是非とも2020年の福箱はびっくりする中身を用意して欲しいと思います。
購入方法は今の流れの抽選が良いです、無茶な並びをしなくても購入できる方が多くの人が参加しやすいです。先着にするとプロな人々が多数を占めるのでどうかと思うんですよね。
そんな感じで2020年を楽しみにしております〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です