ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

4Kテレビと4Kチューナーと4K放送の話

スポンサーリンク

こんにちは、10年選手のプラズマテレビが時々再起動を繰り返し、今年か来年には買換を模索しているタカタカです。

f:id:gadgetkaden:20180717171759p:plain

そんななか、4Kチューナー搭載テレビが発売され、4Kチューナーも発表され動きがでてきております。

昨年少し話題になったかと思いますが、「現行4Kテレビで4K放送が見れない問題」があります。当時はうちのテレビはノーマルハイビジョンだしね、関係ないよねっとさらっと流しておりましたが今、TVの買換を検討する際にこの問題は非常に大きなウェイトを占める部分かと感じております。

そんなわけで、今の4KTVと4Kチューナー冬に始まる4K放送に関してまとめて、今年4Kテレビを買っても良いのか?4Kチューナー搭載TV発売を待つべきか?検討してみたいと思います。

 

4Kテレビとは?

現在販売されている「4Kテレビ」とは解像度が4K(3840×2160)のパネルを有したテレビの事です。地デジが登場した時はハイビジョンと2K(フルハイビジョン)がありました。ハイビジョンが地上デジタル放送の解像度で2K(フルハイビジョン)がBSデジタル放送の解像度で、2K(フルハイビジョン)の解像度を4倍になったのが4Kです。
それぞれの解像度の違いは以下になります。

 

解像度

4K

3840×2160

2K フルハイビジョン

1920×1080

HD ハイビジョン

1280×720

f:id:gadgetkaden:20180717111700p:plain

Panasonicサイトより:https://panasonic.jp/viera/digital_fun/whats_4k.html

同じ大きさのTVでドットが2Kより4倍細かくなるので非常に綺麗な映像を鑑賞することができます。地デジが出た時にTVに映る女優さんの肌の質感がわかる感じでしたが、4Kでは髪の質感がわかるかと思います。あとは文字とかテキストを表示するとわかりやすいですね。

画面(パネル)は4Kでも放送(チューナー)は2K、HD画質

現状地上波放送で見るのはハイビジョン放送(2K、HD)です。BSは2Kですが、地デジはHD画質です。
4Kのテレビで地デジのHDの映像をそのまま出力すると輪郭のカクカクした粗い映像になってしまい、せっかく綺麗な4KTVなのに残念な映像になってしまうことになります。

アップコンバートで綺麗に出力

HDや2Kの映像をそのまま4KのTVで見ると粗が目立ってしまうのですが、そこは技術でカバーをしております。HDの映像を擬似的に4K相当の映像にアップコンバートしてテレビに出力する事によって精細な表示が可能な4KTVでも輪郭が滑らかで粗の無い綺麗な映像を見ることができるようになっているのです。

4K放送、4K映像は何があるのか?

では現在、4K映像を見るには何があるのか?まとめてみました。

スカパー4K

衛生放送ではスカパーが既に4K放送を行っております。

www.skyperfectv.co.jp

視聴にはスカパープレミアムサービスの契約と4Kチューナー搭載の4Kテレビか4Kテレビと4Kチューナーが必要です。 スカパープレミアム対応の4Kチューナー搭載の4KテレビはSONYと東芝から発売されておりますが一部の機種のみで、しかも高額です。

 NetflixやひかりTVでの4Kコンテンツ

ネットストリーミング系サービスも4Kのコンテンツを用意しております。
NetflixはNetflix対応4KTVがあれば視聴可能ですが、プレミアムプランの契約が必要になります。各料金プランは以下になっております。

更に4K映像を見るには25Mbps程度の安定した通信速度が必要になる為、光回線等の安定したネット環境が必須かと思います。

 

ベーシック

スタンダート

プレミアム

画質

SD

HD

4K

解像度

480p

720/1080p

2160p

ストリーミング数

1

2

4

月額料金

¥650

¥950

¥1,450

www.netflix.com

ひかりTVはひかりTV4Kで4K放送を視聴可能となります。必要なのは4Kテレビは当然として、4K対応の専用チューナーが必要になります。現在ひかりTVを契約していて4K対応にする場合はひかりTVチューナーのアップグレードが必要となります。新規でひかりTVを利用する場合は4K対応のひかりTVチューナーのレンタル(月額¥972)が必要となり、コストが増加致します。

4Kコンテンツは映画のVODがメインですがひかりTV4Kのチャンネルも一つあります。内容は多趣味になっておりますが微妙なところです。

UHD Blue-ray 

Ultra HD Blue-ray はBlue-rayの後継となる4Kをサポートした光DISK規格、通常のBlue-rayとの互換性が無い為、UHD BDの再生には対応プレーヤー、レコーダーが必要になります。好きな映画を高画質で楽しむにはUHDがおすすめかと思います。UHD BDを楽しむだけなら、4Kチューナーは不要です。4KテレビとUHD BDプレーヤーがあれば4K画質の映画を鑑賞する事が可能となります。

2018年12月に始まる4K BS/CS 放送

現在本命の4K放送はBS CSの4K放送です。東京オリンピックに向けて映像業界は盛り上げてゆくことでしょう。視聴するには4KBS CSチューナーを搭載したテレビか外付け4Kチューナーが必要となります。

外付け4Kチューナー

チューナー単体はPanasonicの「TU-BUHD100」が10月発売予定となっており、価格は3万円以上となっております。

panasonic.jp

ピクセラは3万円以内との話です。他メーカーは2018年発売予定となっており、詳細は発表されていない状況です。

4Kチューナー搭載4KTV

東芝より4Kチューナー搭載TVが発売されております。価格は6月に出たばかりなので高額です。今後発売される4KTVは4Kチューナー搭載になるかとおもいます。

www.toshiba.co.jp

価格の一例「50M520X」50型 4Kチューナー搭載モデル

【価格】

価格コム最安値:¥112,989
Amazon価格:¥118,229
ヨドバシcom:¥143,110

地上波テレビ(地デジ)は2Kのまま4Kは非対応

地デジはもともと帯域が厳しくBSハイビジョンより低解像度な状況となっており、4Kの対応予定は無いとなっております。

ですので、現状4Kといっても地上波以外のコンテンツのみとなっており一般層では無く、映像好き、スポーツ好きの層におすすめな内容となっております。

4KTVは何時が買いなのか?

東京オリンピックを4Kで見たい人でTVの買換を検討しているなら、来年に各メーカーから出揃って価格もこなれた頃に4Kチューナー搭載4KTVを購入するのが良いかと思います。

もし、今TVが故障して買換をしなければならない状況なら、お安い4KTVを購入して、4KBS放送が見たいなら別途外付けチューナーを購入する方が良いかと思います。

4KBS放送にこだわらない人は

現在、BS放送を見てない人は4KBSも見ないと思いますので、通常の4KTVを選ぶのが良いと思います。

4K放送を見ないのに4KTVは必要なのか?

当然、4K放送見ないなら4Kいらないんじゃないの?と思われるかと思いますが、多くの4KTVはアップコンバート機能を持っており、HDや2Kの映像を4K相当にアップさせて表示させる事が可能です。見る人が見れば違いが出ますが、拘らない方には十分綺麗な画質になるので、是非ともお店で見比べてみて頂ければと思います。

なので、TVを買い換えるなら4K放送は見なくても4KTVが良いです。価格的にも2KTVとそこまで価格差も無いのでおすすめです。

NetflixやYouTube等4Kコンテンツを楽しむ事もできますし、今後こういったコンテンツは増えますし、ネットストリーミングサービスが更に強化されるかと思います。

まとめ

・東京オリンピックを綺麗な4K放送で見たい人
・TVだけでBS4K放送を楽しみたい人

⇒来年あたりに4Kチューナー搭載4KTVを購入するのが良いです。

・既に4KTVを持っていて4K放送を見たい人

⇒外付け4Kチューナーを購入

・現在BS放送は殆ど見ない人
・そこまで画質に拘らない人

⇒4KTVの4K相当画質で素敵な映像を楽しめます。

4K自体は現状はコンテンツ・サービスもプレミアムプランのみの提供だったり、別途チューナーが必要だったり、買換が必要となり。別途コストがかかってしまいます。

映像に拘る方、大画面で迫力ある映像をより綺麗に見たい映画好きな方、スポーツ好きな方にはコストをかけるだけ得られる映像があります。

しかし、地デジのみをメインに見る方、Blue-rayもそれほど見ない方には4K放送に影響される事は無いです。

将来、地上波放送が別の規格に変わるような状況になったら買換を検討すれば良いのかなと思います。

わたしみたいに、そろそろTVを買い換えないとって考えてる方は、何処に拘るかでTVを選んで頂ければと思います。

ちなみにわたしは、画質より画面の大きさを優先にしております。通常TVを見るのはリビングで3m程度離れてみるので、よく見ないと差がわからないような画質より、わかりやすい画面の大きさの迫力を選択します。今年TVが壊れたら、4Kの60インチが良いかなと思います。

コストコのSHARPかLGの60型がお安くて素敵かと思います。

www.gadgetkaden.com

 

追記:最新コスト記事は2018年12月版ですこちらも御覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com