ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

ユニクロ ノンキルトダウンジャケットを購入しました。シームレスダウンとの違いもチェックします。

スポンサーリンク

こんにちは、寒がりなタカタカです。今年の冬も暖かでナイスなユニクロのシームレスダウンパーカを愛用しております。

 

f:id:gadgetkaden:20190108235532j:plain

しかし、よくよく考えてみると、通勤に週5で着て、更にお休みの日も着ているので、冬季は毎日着倒してる事になります。

3年で劣化が生じるシームレスとは言え着すぎかなぁと考え、休日用に安価なアウター何か無いかなぁと検討していたところ、同じくユニクロのノンキルトダウンジャケットが中々良さそうでしたので、値下がりしてたので購入してしまいました。

1週間ほど着てみましたので、シームレスダウンパーカとの違いを見てみようと思います。

ノンキルトダウンジャケットとは?

シームレスダウンはモコモコのステッチ(縫い目)を樹脂による圧着加工することによりステッチを無くす事により、見た目の良さと暖かさを逃がさないと言う素敵な機能を持ったダウンとなります。 ノンキルトダウンはダウン特有のモコモコのキルティングを無くしたデザインです。簡単に言うと内側にモコモコがあって外側はフラットなデザインとなっております。

ユニクロのノンキルトダウンジャケットの特徴

・キルティングの無いスッキリしたデザイン

某カナダグースライクなデザインですが無駄のないシンプルなデザインでビジネスでも問題なく使用可能です。

内側にキルティングのもこもこがあり、外側がもこもこしないスタイリッシュなデザインとなっております。

f:id:gadgetkaden:20190109000223j:plain

・耐水加工を施した、耐久性のあるハードな素材

シームレスダウンよりもハードな素材でアウトドアテイストが強まった感じがします。GORE-TEXな感じです。ハリとコシがあり安っぽさは全く感じない素材となっております。雪でも雨でもへっちゃらです。

・ちょっと重いけどしっかり暖かい

シームレスダウンより重いですが、そのかわり頑丈さは勝っております。シームレスダウンは何かに引っかかったら破けそうですが、ノンキルトダウンは大丈夫そうな感じです。そして内側にしっかりとダウンが入っているのでしっかりと暖かいです。

・暖か使用はシームレスダウンと同様

ポケットの内側はフリース素材で手を入れただけで暖かくなります。袖口も内側がリブになっており、防寒性を保ったままスタイリッシュなスタイルをキープしたデザインとなっております。

f:id:gadgetkaden:20190109001333j:plain

・エコファーは取り外し可能

フードのエコファーはボタン式なので取り外し可能です。好みに応じてスタイルを変更可能となっております。ファーの感じもちゃんとしているので安っぽさは感じないです。これがしょっぱいとケバケバのボサボサになり安っぽくなるのですが、ノンキルトダウンのエコファーは良い感じです。

・お買い得な価格設定

現在の価格は¥7,980 となっております。正直このクオリティでこの暖かさでこの価格は素晴らしいと思います。有名アウトドアブランドであれば3〜5万はするのではないでしょうか?

現在はカラーとサイズはあまり選べない状況となっております。また2019モデルが恐らくでるかと思いますが、登場時の価格は¥12,900でしたので、恐らく同じような価格で登場するか、今年のシームレスダウンのように値上げで来る可能性もあります。

シームレスダウンとの違い

f:id:gadgetkaden:20190109092014j:plain

サイズは同じSサイズです。着丈がノンキルトの方が長くジャケットが隠れるかなくらいです。

シームレスダウンについてはこちらの記事を御覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com

主な違いを表にしてみましたので御覧くださいませ。

 

ノンキルトダウン

シームレスダウン

軽さ

軽い

少し重い

素材

ソフト

ハード

もこもこ感

もこもこ

すっきり

暖かさ

しっかり暖か

しっかり暖か

身丈

ブルゾン丈

ジャケット丈

定価

¥12,900

¥14,900

現行価格

¥9,980

¥7,980

ざっくり違いをまとめると、シームレスダウンより少し重いがハードな素材でもこもこ感の無いすっきりしたスタイリッシュなデサインとなっております。

軽さを取るとシームレスダウンになりますが、デザイン・スタイリッシュさで行くとノンキルトかと思います。後は、シームレスダウンは3年でシームレス部が劣化するという弱点があります。ただ、1万円しないアウターを5年着るかと言うと微妙なラインかと思いますので、劣化はそこまで意識しなくても良いかと思います。

まとめ

よりスタイリッシュに暖かく冬を過ごしたいなら、UNIQLOのノンキルトダウンジャケットは非常におすすめかと思います。デザインが某カナダグースか感じですが、丸パクリではないくライクな感じなので個人期には問題ないかと思っております。

シームレスダウンよりちょっと重くてハードな着心地ですが、デザインがスタイリッシュで格好いいのでオフではノンキルト、オンではシームレスと使い分けて行くのが良いかなと思っております。

どちらもおすすめなお買い得アウターですので、お安くなった今、ゲットするのが非常におすすめです。