人気のコードレススティック掃除機は ダイソン V8 Slim Fluffy がおすすめなのです。

こんにちは、ロボット掃除機ルンバを使いこなせなかったタカタカですごめんなさい。
今回はロボット掃除機導入の失敗から、コードレススティック掃除機のダイソンV8にした理由とメリット・デメリットをレビュー致します。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Check.png
ガジェドン

日本の家庭向けに作られただけあって軽くてコンパクトで音も静かでとってもおすすめでした!

導入編:ルンバは何が駄目だったのか?

ルンバを使用する為の準備が辛かった・・・

これはよく言われている事ですが、ルンバが自走する上で障害になるポイントを撤去しないとルンバは遭難してしまいます。

タカタカ家での遭難ポイントは2点ありました。

ルンバ遭難ポイント
  1. 夏場の薄いラグはルンバにとって難関な障害物でした。
    春夏の間は薄手のラグを敷いているのですが、ルンバはこれを乗り越えることができませんでした。絡まったり、ラグを押し上げてそこに乗っかっって遭難するのです。
  2. 無印のリビングでもダイニングでも使えるソファーが大障害!
    タカタカ家で愛用している無印のソファーですが、これが4ツ足タイプなら問題なかったのですが、2cm程度の板が底面にHの字になっており、ここを乗り越えようとして遭難してしまうのです。
    もう少し低ければ乗り越えられるだろうし、もう少し高ければ回避するのですが、微妙な高さ故に乗り越えようとして亀の子のようにジタバタしてしまうのです。

なので、ラグは固定用シールを貼っても駄目だったし、ソファーに至っては、ルンバを使用する度に小学校の掃除の時間よろしくソファーをテーブルの上にひっくり返す作業に疲れてしまい「オーケーグーグル、ルンバで掃除して」言ったら掃除してくれる楽さの数十倍の肉体労働と面倒くささにルンバの出番が無くなって言ったのでした。

考察編:コードレススティック型にした理由とは?メリット・デメリットをチェック

ロボット掃除機があかんとなって、次に浮上したのがコードレススティック型です。

今掃除機の中で一番人気なカテゴリがスティック型かと思います。

コードレススティック型のメリット

★コードレススティックのメリット★
  1. コードレスは取り回しが楽ちん
    ケーブルがあるとケーブルの半径内でしか稼働できないので非常に面倒です。これはフルワイヤレスイヤフォンの便利差に似たものがあります。
  2. 軽くてスリム
    テクノロジーの進歩が小型化軽量化になり、子供が軽々扱える重さとサイズ感で使用できるようになったのがポイント高いです。
    キャスター型もコードレスタイプはありますが、持てないのです。重いのです。
  3. 気軽に使える
    ①と②の結果非常に気軽に掃除ができます。キャスター型は押入れや収納場所からどっこらしょって取り出して、ケーブル繋げておりゃ〜って掃除する感じですが
    コードレススティック型なら、子供がお菓子をぶちまけてしまってもさっと取り出してウィ〜ンって掃除してさっとしまえるので非常にスリムに掃除ができてしまうのです。
https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_majime.jpg
ガジェドン

はっきり言ってケーブル・コードは「悪」ガジェ。ケーブル・コードはいずれこの世から無くなって行く運命なのガジェ。

▲コードレススティックのデメリット
  1. 吸引力が劣る
    キャスター型に比べて吸引力は劣りますが、技術の進歩で実用上問題ないレベルの吸引力を発揮するようになってきております。
  2. 稼働時間が短い
    パワーを使う掃除機の宿命ですが、でっかいバッテリーを装備すれば重くなり、小さいバッテリーだと稼働時間が短くなるジレンマが生じますが、ここも技術の進歩により30〜60分程度使用できるようになり、よほどの広い部屋を一度に掃除するのでなければ大丈夫になってきております。
  3. 重くて女性にはちょっと
    以前は2kg程度が主流でしたが、最近は1.5kg程度と軽量化されたモデルも多くなり女性や子供でも気軽に使用できるようになっております。
https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Check.png
ガジェドン

メーカーさんが頑張って、コードレススティック型のデメリットが解消されて非常におすすめになって来ているんがじぇ!

君に決めた!ダイソン V8 Slim Fluffy

数あるコードレススティック型掃除機の中でダイソンのV8 Slim Flufyを選んだ理由はこちら!

おすすめポイント①:軽量・コンパクト!

ダイソンが日本の住宅環境に合わせて開発した新しいクリーナーヘッドはなんと40%も小さく軽くなっているのです!

もちろん本体もスリムに進化しております。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Bikkuri.jpg
ガジェドン

パワーヘッドがこんなにコンパクトになっているんガジェ!

クリーナー本体も1.5kgとハンディ状態なら子供でも扱える軽さに仕上がってます。

個人的にはヘッドが透明なのもおすすめポイントです。ビニールとか変なゴミを巻き込んだ時に見えるのでわかりやすいのです。

おすすめポイント②:ごみ捨てが楽ちん

掃除機の難関ポイントがゴミ捨てだと思います。タカタカ家が使っていたキャスター型サイクロン掃除機は、ワンタッチでゴミ捨てできたのですが、フィルターにゴミが詰まってしまうので、ティッシュを敷いて使用しておりました。

更に、思いの外ゴミの集積容量が少ないんですよね〜、ダイソンはコンパクトなのにゴミの集積容量も結構あるんですよね。

ダイソン V8 Slimのかんたんゴミ捨てはこんな感じです。

ゴミが溜まったら
赤い部分をギュッと引っ張ると
ボロっとゴミが排出されます。
https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Smile.jpg
ガジェドン

本当に簡単なのでおすすめガジェよ〜

おすすめポイント③音も結構静かです。

タカタカ家のお掃除番長の柴犬さんも許してくれる音量です。思いの外静かだったので素敵です。

おすすめポイント④:必要十分な吸引力

以前マキタのコードレス掃除機を買った事があったのですが、思いの外吸引力が弱くて、車のシートの掃除くらいしか使えないなぁって感じだったのです。

吸引力は流石のダイソンです。キャスタータイプのサイクロン掃除機と比較して遜色ない吸引力で部屋中の柴犬の毛とホコリを吸い取ってくれます。

おすすめポイント⑤アフターサポートが素敵

わたしが修理部署にいた際にわりと初期に教えてもらったのがダイソンの修理です。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Check.png
ガジェドン

ダイソンはメーカー保証2年の間はユーザー登録してメーカー直に修理に出すと3日くらいで修理(交換)されて戻ってくるのガジェ

普通に量販店に修理に出すと2〜3週間くらいかかるので、その間に掃除ができないのは非常に困るところなのですが、ダイソンに直で修理依頼すれば保証期間内なら超特急で修理してくれるのでとっても便利ですよね。

以前、修理の部分でも記載しましたが、知らない人も多いのでダイソンユーザーはチェック願います。

家電商品が故障したら。メーカーに直接修理に出すのが良いのか?それとも家電量販店に出すのが良いのか?それぞれのメリット・デメリットを考えてみます。

おすすめポイント⑥:武器っぽいデザインが男の子にささる?

幼稚園児の息子くんにささったようで、武器のように遊ぶのでそのままそそのかして掃除してもらう事も可能です。

まとめ

今回、購入したのはネットや量販店でダイソンのV8 Slimのセールをしていたからなんです。コストコでも5万円超えなのに、¥39,800 と非常にお買い得だったのでポチッと致しました。

さようならルンバっ君のことは忘れないよ〜。ってな感じで日々の掃除を楽ちんにしてくれる、コードレススティック掃除機は非常におすすめなので、掃除機を検討している人はチェックしてみて下さい。

ちなみに、スタンドがあると非常に便利なのでおすすめです。わたしも後から購入しました。