ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

Surface book 2 発売! 初代との違い、おすすめポイントをチェック!

スポンサーリンク

こんにちは、そろそろWin10マシンが欲しいタカタカです。先日発売された大人気PC、Surfaceシリーズのハイスペックモデル「SurfaceBook 2」を見てゆきたいと思います。

f:id:gadgetkaden:20171120110855p:plain

Surface Book 2の特徴

基本スペック

Core i5モデル1種類・Core i7モデル3種類の4モデル構成です。

Core i5モデル

CPU:Core i5 7300U(デュアルコア・第7世代)
メモリ:8GB
SSD:256GB
グラフィック:オンボード
価格:¥200,664(税込)

 Core i7 モデル

①CPU:Core i7 8650U(クアッドコア・第8世代)
メモリ:8GB
SSD:256GB
グラフィック:NVIDIA GeFoce GTX 1050 GDDR5 2GB
価格:¥262,224(税込)

②CPU:Core i7 8650U(クアッドコア・第8世代)
メモリ:16GB
SSD:512GB
グラフィック:NVIDIA GeFoce GTX 1050 GDDR5 2GB
価格:¥336,744(税込)

③CPU:Core i7 8650U(クアッドコア・第8世代)
メモリ:16GB
SSD:1TB
グラフィック:NVIDIA GeFoce GTX 1050 GDDR5 2GB
価格:¥397,224(税込)

Core i7モデルはメインメモリとSSDの容量が違います。

液晶は全モデル共通です。

サイズ:13.5インチ PixelSenseディスプレイ
解像度:3,000×2,000(267PPI)
コントラスト比:1,600:1
タッチ:10点マルチタッチ
Surface Pen、ダイアル対応

バッテリー:最大17時間

パワフル

Core i7 モデルはグラボを搭載、「NVIDIA Gefoce GTX 1050 2GB GDDR5 」最近はゲーミング以外でグラボ搭載モデルは減っているのでビジネスで使用できるグラボ搭載モデルは良いと思います。3D CADや映像編集にも力を発揮します、もちろんゲームも楽しむことができます。

4種類の形態にトランスフォーム可能な2in1

①ラップトップモード

通常のノートパソコンとして使用するスタンダードな形状、最大17時間の長時間使用に耐えるのはこのモード

②タブレットモード

液晶部分を外してタブレットとして使用、相手に画面を確認してもらうにはこのモードが使いやすいです。

③スタジオモード

2つに折りたたんで使用する形態、GPUはキーボード側に搭載されているのでタブレット的な使い方をしつつ、ハイパワーを要する作業も可能、Surface Penやダイヤル等使用しクリエイティブな作業におすすめする形態です。

④ビューモード

プレゼン時におすすめな形態、相手に見せながらのハイパワー使用も可能です。

初代モデルとの違い

CPU&GPUがパワーアップ

Microsoftいわく、初代に比べて3〜5倍、Macbook Proに比べて2倍パワフルとの事です。

CPU

初代:第6世代 Core i5-6300U / i7-6600U(デュアルコア)

SB2:第7世代 Core i5-7300U / 第8世代 Core i7-8650U(クアッドコア)

GPU

初代:NVIDIA GeForce GTX 965M
SB2:NVIDIA GeForce GTX 1050

スタミナ強化

新世代CPU搭載で消費電力を抑えてかバッテリー駆動時間を大きく伸ばしております。モバイルするモデルでは無いですがAC接続無しで動作できる時間は長いに越したことは無いです。

初代:12時間
SB2:17時間

 

USB Type-Cを搭載

Surfaceシリーズで初のUSB Type-Cを搭載時代の流れにもしっかり対応しております。

Windows Mixed Realityのサポート

Core i7モデルは Windows Mixed Realityをサポート、ARやVRデバイスに対応しています。

見た目は同じで中身をパワーアップ、CPU、グラボを強化したハイパフォーマンスモデルを正常進化させた感じです。

ハイパワーをノートパソコンのお求めの方には非常に刺さる商品かと思います。グラボ搭載してますので、CADや動画編集に威力を発揮すると思います。

15インチモデルの発売は?

海外では15インチモデルが発売されてますが、日本では未発表です。クリエイティブな作業に耐える高性能モデルなので大画面の需要は非常に高いと思います。きっと日本でも売れるモデルになると思いますので、是非とも日本でも発売して欲しいです。

まとめ

ビジネスでも使えるグラボ搭載のハイエンドモデルが少ない昨今、Surface Book 2はおすすめできる商品と言えます。

3Dコンテンツ製作、CAD、ビデオ編集等する為にパワフルなノートが欲しいなら、Core i7のメモリ16GB、SSD512GBモデルがおすすめだと思います。