Office 365 が Microsoft 365 に変更!何が変わったのか? 違いをチェックします。

こんにちは、Office365ユーザーのタカタカです。
この度マイクロソフトがOffice 365をMicrosoft 365 に名前を変更したので、何が変わったのかわかりやすく解説してゆきます。

Office 365とは?

その前に、Office 365って何? マイクロソフト オフィスと何が違うのって人は365との違いの記事をチェックください。

Microsoft Office 2019 と Office 365 solo の違い、メリット・デメリットを考察します。

日本では Office 365 solo ってのが展開されておりますが、海外ではOffice 365 PersonalとOffice 365 home が展開されてます。

正直、海外のOffice homeが素敵なんですよね、最大6名の家族のアカウントを登録できて、しかもアカウント毎にOne Driveの1TB容量が使用できるとか素敵使用です。

日本のOffice 365soloはアカウントは一つだけなので、複数のパソコンで利用はできますが、プライバシーやセキュリティー的に微妙なんですよね。

海外と違い日本はOfficeがパソコンにバンドルされて発売されているレアな国なので、海外と違って独自の戦略・成長をしているのです。

今回も、海外のMicrosoft 365とはちょっと違った独自使用となっております。

Microsoft 365 とは?

今回も日本では海外で展開されるOffice 365 homeの後継のMicrosoft 365 familyはなくMicrosoft 365 Personal だけが展開されるとの事です。

日本版 Microsoft 365 Personal
  1. 1ユーザー利用 
  2. デバイスへのインストールは無制限ですが
    同時に利用可能なのは5台まで 
  3. OneDrive 1TB が利用可能
  4. 月額¥1,284
  5. 海外と同様の内容なら拡張された機能を搭載 

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Check.png
ガジェドン

基本的にはブランド名が変更されただけガジェね

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2019/09/nigaoemaker.png
タカタカ

いつかはHome・Familyバージョンが出て欲しいけど、バンドル展開が無くならない限り厳しそうですね。

Microsoft 365で拡張される機能(海外版)

今回Microsoft 365(海外版)になって拡張された機能は以下になります。
日本版には何時追加されるのかは未定です。

①:Teams

その名の通り、チームのコラボレーションツール・電話会議のツールで、SlackとZoomのようなアプリのようです。

もともとビジネス向けですが、一般向けとしてOutlook・OneDrive・カレンダー等にアクセス可能なアプリとなります。

マイクロソフトいわく

家族や友達とのつながりを深め、交わされる情報を整理し、コラボレーションすることが可能です。たとえば、グループを作成して友人と旅行の計画をしたり、近所での集会や読書会を企画してみましょう。グループチャットで連絡を取り合うこともできれば、ビデオ通話も可能です。また、To Do リストを作成して、誰がいつまでにやればいいのかを共有することで、ヌケモレを防ぐことができます。スケジュールを調整したり、写真やビデオを共有することも簡単です。

との事ですが、家族や友人でこんなことするの?って思うのですがどうでしょうか?

使い所てきには、幼稚園や学校の役員のグループで使うと便利なのかと思います。

②:Microsoft Family Safety

家族が扱うデバイスの監視ツールのようです。iOSのファミリー共有で似たような機能があったかと思います。

子を持つ親としてある程度必要な事だと思います。スマホの管理は今後の課題かと思います。

③:Microsoft Editor

AIが文章をチェック?
・選択した文章を他の文章に書き換えた場合の提案が表示される。
・類似性チェック機能でオリジナルのコンテンツを作成できるようサポート
・スタイル批評として、明瞭さ、簡潔さ、形式、包括性もチェックできる

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2019/09/nigaoemaker.png
タカタカ

ブロガーとしてちょっと気になる機能なので、日本語版で是非とも搭載して欲しいところです。

④:Money in Excel 

マイクロソフトの会計・家計簿ソフトMoney的な機能をEXCELで表現する感じでしょうか。
会計ソフトの用に銀行口座やクレジットカードのデータにアクセスして家計簿を手軽に作ったり、グラフや表をつくれるとのことです。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Smile.jpg
ガジェドン

白色・青色申告が可能なレベルになってると素敵ガジェね!

⑤:PowerPoint Presenter Coach

Presenter CoachはAIがプレゼンのリハーサルをチェックしてくれます。早口で話してないか?とか「あ〜」とか言ってないかとかチェックしたり、スライドのテキストを読んでいるだけになってないか検知してくれるとの事です。

また、声のトーン等をチェックして必要に応じてバリエーションの提案等をしてくれる機能があるようです。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2020/03/GD_Check.png
ガジェドン

まさにプレゼンコーチ ガジェ

まとめ

Microsoft 365 はOffice 365のブランドチェンジな感じです。これらの機能が永続版に追加されるとなるとOffice 2012 になるかと思いますので、365のアドバンテージは大きくなったかと思います。

個人的には、複数のデバイスでOfficeを使うなら 365 を選択するのは非常に効果的だと考えてます。特にMacとWin両方使うなら365がお得です。

family版の日本での発売を期待しつつ、Microsoft 365 を待ちましょう。

最新 Microsoft Office 2019誕生 Office 2016との違い、そしてOffice 365の変更点もチェックします。2019年¥3,000キャッシュバックキャンペーン情報を追記