ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

Microsoft Office 2016 と Office 365 solo の違い、メリット・デメリットを考察します。

スポンサーリンク

こんにちは、以前は毎日Microsoft Officeのインストールを行っていました、タカタカです。週に2回程度はMicrosoftのおねぇさんにお電話していた記憶がございます、結構認証サーバが不安定なんですかね?

さてさて、パソコンの購入を検討される人の多くがMicrosoft Officeの必要に迫られて購入するケースが多いです。パソコン=お仕事が多いですねぇ、IT系に勤める事になったのでパソコンが必要になったとか多いです。

そんなBusinessの必須アプリであるMicrosoft Office製品は大きく分けると2種類あります。

Microsoft Office 2016 (POSA版・永続ライセンス)

Microsoft Office 365 solo(POSA版 年額ライセンス)

です。

 

パソコンインストール版との違い

2016版と365版を語る前に、インストール版との違いを記します。

パソコンに最初からインストールされてるOfficeはそのパソコンでしか使用できないライセンス契約となっている為、他のパソコンにインストールする事ができません。

POSA版のOfficeは購入者にライセンスが付与される為、パソコンを買い替えたりしても購入したOfficeをインストールして使用する事が可能です。更に、同一ユーザーのパソコン2台までインストールする事が可能なので、複数のPCを持っている場合はメリットが多いです。

パソコンの価格もOffice無しの方が2〜3万円程安い為、買い替えする場合もパソコンのコストを下げる事が可能になります。

では、Office2016とOffice365はどんな方にメリットが多いのか、違いと、おすすめな場合を見て行きます。

Office 2016(永続ライセンス版)

POSA版の永続ライセンス品で、購入者にライセンスが付与される為、パソコンを買い替えたりしてもOfficeはインストールして使用する事が可能です。現状POSAカードタイプでの販売の為、レジを通す事により使用可能となり、Microsoftアカウントに登録してネットからダウンロードしてインストールが必要となります。

種類は4種類あり、使用できるアプリの数が違います。1種類だけ教員・学生向けのパッケージがあります。

Office Personal 2016 ¥32,184

Word・Excel・Outlook・OneNote

Office Home&Business 2016 ¥37,584

Word・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNote

Office professional 2016 ¥64,584

Word・Excel・PowerPoint・Access・Publisher・Outlook・OneNote

Office Professional Academic 2016 ¥30,024

Word・Excel・PowerPoint・Access・Publisher・Outlook・OneNote

 

メリット

・購入後の追加費用無しにずっと使用可能

・長期間使用すればするほど程お得と言える。

・主にBusiness向けよりは個人向けによりおすすめ。

デメリット

・Office2016はずっと使えるとは言え、サポート期間があります。その為、実質的には永遠に使えるわけではないです。

現在はOffice2013と2016が主流かと思います。そして、2020年にはWindows7と同様Office2010もサポート終了となります。なので、Officeの利用期間は5年程度、最長でも10年程度と考えます。サポート期間が切れる、若しくはBusinessの現場で取引先が新しいOfficeに移行したときに、買い替えないと対応が出来なくなる為、皆換えのコストが発生すると考えます。

Office 365 solo

POSA版の1年契約ライセンスタイプです。継続して使用する場合は毎年更新が必要となりますが、最新のOfficeが利用可能なのと、365版にしかない付加サービスがあるのが特徴です。

Office 365 solo ¥12,744

メリット

・最新版Officeが使用可能、今後出るであろうOffice2019等をそのまま利用可能になります、特にMac版は今まで大きく変化してきているので、最新版が使えるのは大きなポイントかと思います。 更にビジネス利用の場合は取引先が最新版Officeになっても対応可能になり、設定し直しや買い直し等する必要が無いので楽です。

・Office Professional と同じ多数のアプリが利用可能、Accessも利用される場合はメリットが大きい。

・Business利用の場合は多くのユーザーが利用しているバージョンのOfficeの利用が好ましいと思いますので、新バージョンが発売されて最新版が対応できるのは

・Office365サービスが利用可能

大容量1TBのOneDriveが利用可能、Skypeで月60分の通話が無料

ちなみに、iCloud は2TBで月額¥1,300,Google ドライブ は 1TB で月額¥1,300 なので、1TBのクラウドドライブにOfficeが付いて年額¥11,800 はお買い得な価格と言えます。

・Macも利用可能なのでWindowsとMacを使用いている方にはOffice365 soloがおすすめです。

デメリット

・毎年¥12,744 のコストがかかる。

・パソコンの買い替えサイクルが長い場合は、Officeのコストの割合が大きくなる。

Office 2016と Office 365 soloの年毎のコストを比較

多くのユーザーが使用するであろう基本のHome&Businessと365の年数毎の費用を比較してみます。Professionalは価格が高いので365の圧勝なのでH&Bで検討します。そして、2016は5年後に2019に買い替えたとした場合の試算となります。

 

Office 2016 H&B

Office 365

GoogleDrive1TB

POSA費用

¥37,584

¥12,744

¥15,600

2年目

¥37,584

¥25,488

¥31,200

3年目

¥37,584

¥38,232

¥46,800

4年目

¥37,584

¥50,976

¥62,400

5年目

¥37,584

¥63,720

¥78,000

6年目

¥75,168

¥76,464

¥93,600

 5年後に新Officeに買い替えを考えると365とほぼ同じコストになります。そうなるとクラウドドライブ1TBが使える365がお得だと考えます。

そして、Google Drive 1TBの年額費用を考えると、1TBのクラウド容量と各種Officeアプリが使用できる365のメリットは非常に大きいと考えます。

まとめ

パソコンは壊れるまで、若しくはOSのサポートが切れるまで使い続けるような個人利用な方は、もともとOfficeがインストールされているパソコンを選択するのが1番コストがかからず良いかと思います。

Office2016(永続版)はパソコンを2台使用している方で、個人利用メインの方で2016版を長く使い続ける予定の方はOffice2016がおすすめです。

WindowsとMacを使っている、Accessを使う、1TBのクラウドドライブに魅力を感じる方、ビジネス用途メインの方はOffice365 soloおすすめと言えます。

Microsoft的にも365を押してるのは、365が魅力的なサービスに仕上がっているのでおわかりかと思います。

ビジネス利用では365のシェアが増えているとの事です、2017年は365は前年比40%増との事です、今後ますます365が主流になると、最新版Officeへの切替が早まる事になります。そうなると、Office2016の使用可能期間が実質短縮される(取引先がみな最新Officeに変更したら、自分も最新にせざるをえない)為、尚更365が有効になるかと思います。Adobeもそうですが、アプリは月額・年額のサブスクリプションモデルにどんどんなって行くのがわかるかと思います。1つ1つのサービスの月額費用は¥1,000程度でも複数集まると厳しいので、auのアプリ放題的なサービスや企業の垣根を超えたセットモデル等出てきてくれないかと願っております。

追記:2018年12月5日よりOffice 365 solo 購入で¥3,000キャッシュバックのキャンペーンが開始されております。

ビックカメラやヤマダ電器でしたらPayPayで更に20%チャージのキャンペーンも行っております。AmazonはCYBERMONDAYで10%OFFですお見逃しなく。

www.gadgetkaden.com