ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

PAYPAY(ペイペイ)のキャンペーンは本当にお得なのか?メリット・デメリットを販売員目線でチェックします。

スポンサーリンク

こんにちは、個人的にはキャッシュレス派のタカタカです。Apple WatchでSuicaはらくちんなんですよね。そしてクレカ払いできるところは基本クレジットカード払いです。会計も楽ですしポイントも貯まりますからね。

そして最近は新しい決済サービスがどんどん登場してきて激しい闘いを行っております。楽天の「楽天PAY」、LINEの「LINE PAY」、ドコモの「d払い」が先行して展開しておりましたが、遅れて参加したソフトバンク・ヤフーの「PAYPAY」のキャンペーンが非常に強力なので本当にお得なのか?メリット・デメリットはどうなのか?チェックしたいと思います。

d払いやLINEPAY等のQRコード決済サービスについては以前記事に書いておりますので宜しければ御一読下さいませ。

www.gadgetkaden.com

PAYPAY(ペイペイとは)

paypay.ne.jp

ソフトバンクとヤフーが出資するQRコード決済サービスです。QRコード決済サービスは中国では非常にメジャーでこのサービスのおかげでキャッシュレス化が非常に進んでいるのです。

QR決済サービスの利点は販売店側のかかるコストが非常に少ないので導入しやすい=多くのお店で利用可能になりやすいってのがあります。Suica等やクレジットカードを導入するには専用端末が必要になりコストがかかりますが、QRコードは店舗用のQRコードをスマホで読み込んで金額を入力して確認してもらいレジで決済かスマホのバーコードをスキャンして決済なので、導入コストが低い為、中国では露天でもQRコード払いができたり様々な場所で利用されております。

こういったサービスで大事なのは認知度と使用できる店舗数です。使える店舗がすくなければ使いたいけど使えないサービスとなり不便だなっとなります。そして導入店舗も使ってくれるユーザーが少ないと導入するメリットが無いになります。

そこで、ばら撒き商法がお得意のソフトバンクがしかけたのが今回のキャンペーンです。

 

100億円あげちゃうキャンペーン

f:id:gadgetkaden:20181203105115p:plain

PAYPAYのキャンペーンは全部で4つありまして、一番強力なのがこの「100億円あげちゃうキャンペーン」です。

各キャンペーンの内容は下になります。

①PAYPAYアプリをダウンロードして初登録すると500円分チャージ
②PAYPAYに5,000円以上チャージすると1,000円分チャージ

 ・このキャペーンは12/3(本日)までのキャンペーンなのでご注意を

③PAYPAYで店頭支払いすると「20%チャージ分」が戻ってくる

 ・12月4日9時から開始
 ・最大25万円までなのでチャージ分は最大5万円分

④PAYPAYで店頭支払いすると抽選で全額チャージバック

f:id:gadgetkaden:20181203113939p:plain

 ・最大10万円分まで
 ・PAYPAY支払いのみなら40回に1回、ヤフープレミアム会員なら20回に1回、ソフトバンクモバイル・ヤフーモバイル会員なら10回に1回の確率

使えるお店

素敵なキャンペーンですが使えるお店が無いと意味がありません、現状だと非常に少ないので魅力は低いです。

現在使えるお店はこちら

f:id:gadgetkaden:20181203110546p:plain

残念ながら居酒屋さんがメインで普段使いには使えない状況です。

しかし、近日対応予定のお店には使えるお店がラインナップされております。

近日対応予定のお店はこちら

f:id:gadgetkaden:20181203110531p:plain

・ファミリーマートやミニストップのコンビニ

・ヤマダ電器、ビックカメラ、コジマ、エディオン等の大手家電量販店

が使用可能になるのです。

現段階だと何時から使用可能になるのかはアナウンスされておりません、ヤマダ電器やビックカメラに聞くと先月は「未定」でしたが今月聞いたら「12月上旬」との回答でしたのでもうすぐ使えるようになるかと思いますし、場合によっては明日から使えるのかもしれません。

ヤマダ電器やビックカメラで使用可能なら、冬のボーナスで購入しようと思っていた家電商品やデジタル商品をPAYPAY払いにするだけで、20%分チャージバックされるのは非常にお得です。

特に、ポイント付与率の少ないApple製品やNintendo製品に関しては、このチャンスを逃すと勿体無いかと思います。

ただ、PAYPAY払い非対象品なんてものが設定されたりする可能性も0では無いですが、PAYPAY側が20%分チャージバックするので、ヤマダ電器やビックカメラが損をするわけではないので、通常通り支払いが可能かと思いますし、クレジットカード払いと同様のポイント付与がされるかと思います。

そうなると、通常商品であれば量販店のポイントとPAYPAYの20%チャージバックで30%近くお得に購入できる非常にお得なキャンペーンになるのかと思います。

PAYPAYのデメリットは?

非常にお得なキャンペーンなので、本当に大丈夫なのか?と不安になるくらいですが、実際はどうなのでしょうか?

デメリットで考えると

・溜まったチャージは量販店のポイントと同じようなイメージです。出金もできませんし、有効期限があります。
・使用できる店舗が限られている。
・チャージ可能なクレジットカードはYahoo!カードのみ、他はYahoo!マネーに登録して銀行口座からなのでちょっと面倒です。
・登録できるクレジットカードはVISA、Master、JCB(Yahooカードのみ)、チャージできるのはYahooカードのみ

これは、近隣にファミリーマートやミニストップがあって、普段ヤマダ電器やビックカメラ等使用しているのであれば大丈夫かと思います。

支払いはクレジットカードを登録するのがポピュラーな選択です、しかしAMEXや普通のJCBは駄目なようです。

まとめ

ソフトバンク的には後発のサービスなので大きなキャンペーンで話題をさらって認知度アップとユーザーを獲得したい、そして獲得したユーザー数を武器に使用できる店舗を開拓したい、使えるお店が増えればユーザーも増えるって算段かと思います。

ユーザー的には、この非常にお得なキャンペーンに乗っかって冬のボーナスを有効活用するのが良いかと思います。最大5万円分チャージバック可能なので、ヤマダ電器やビックカメラで購入可能な商品を検討していれば、「PAYPAY」を試しに使ってみて、今後便利に利用できそうならそのまま継続して利用して、微妙ならチャージバックされた分だけ、ヤマダ電機やビックカメラ、ファミリーマート、ミニストップで利用すればよいのかと思います。

個人的にはデメリットはあまり感じないので、この冬に購入予定の商品に当てようかと思っております。

 追記:PayPayで買うべきお得な商品をチェック致しました。宜しければ御覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com