AirPods Pro いきなり登場! 発売は10月30日。何が変わったのかチェックします。

こんにちは、AirPods からSONY WF-1000XM3へ乗り換えたタカタカです。

かねてから出る出る言われていた、新型AirPods が発表されました。噂通り「ノイズキャンセル」機能搭載で「AirPods Pro」として発売となります。

何が変わったのか?チェックしたいと思います。

参考 AirPods ProApple

AirPods Pro と AirPods の違い

①:アクティブノイズキャンセル機能を搭載

待望の「ノイズキャンセル」機能をついに搭載しました。後は、SONYや他メーカーと比較してどのレベルのノイズキャンセルに持っていっているかです。

Appleが満を持して投入するので、同レベルかそれ以上の性能が備わってると期待したいところです。ここはAirPods Proが届いたらじっくりレビュー致します。

②カナル型に変更

AirPods は通常の耳に乗せるタイプのインナーイヤータイプでしたが、AirPods Proは遮音性に秀でたカナル型に近くなっております。耳栓タイプですね。

もともと遮音性があるので、ノイズキャンセル機能とは非常に相性外良いです。

AirPods Proはイヤーチップの形状がちょっと独特です。
通常のカナル型の場合は、中央の筒状の部分にかぶせるようにイヤーチップを装着するのですが、サイトの写真を見るとイヤーチップは全体がシリコンになっていて、本体にはめ込む感じです。
他のイヤフォンと違い、イヤーチップ全体がフィットするのでより快適な装着感を得られるようになるのかと想像されます。

これも実際に装着して試したいです。

③耳の内側のノイズもキャンセル?

AirPods Proは外側と内側にマイクとセンサーを配置して、外側だけじゃなく耳の内側のノイズもキャンセルするとのことです。WF-1000XM3 も外側と内側にセンサーとマイクがあるのですが、特に耳の内側のノイズキャンセルについては記載されて無いです。当然内側もキャンセルしてるのか?微妙なところです。

④外部音取り込みモード有り

こちらもノイズキャンセルイヤフォンにはスタンダードな機能です。WF-1000XM3だと左側のイヤフォンをタップして切替えますが、AirPods Proのモード変更はタップではなく、軸の部分をつまんでセンサーを長押しするとモード変更されるようです。

この外部音取り込みは便利なのですが、切り替えが面倒だと非常に不便になります。WF-1000XM3 もこの機能があるのですが、切替えがタップでしかもモードが3つあるので切替え過ぎて2週タップしなくちゃならないパターンが結構発生して非常にイライラさせられたので、外部音取り込みモードのオンとオフの2モードも方が良いですし、タップだと誤動作が発生するので、長押しも操作的に優れております。

実際の操作感、切り替えやすさはどうなのか試したいですね。

⑤耐汗耐水性能(IPX4)

耐汗耐水性能が付きました。ランクはIPX4です。どの程度の耐水性能なのかと言うと、汗や雨なら耐えますよ(長時間は止めてね)って感じです。

なので、水にぽちゃんしたりとか、洗濯しちゃったりは駄目です。

Appleもワークアウトについていけるようにしたよって言っております。日常利用なら普通に使えるレベルの耐水機能です。やはり雨の時とか外したりなんてやですからね。これくらいの耐水性は欲しかったですよね。

⑥メッシュのマイクロフォンポートの大型化による通話がよりクリアに

もともとAirPods での通話は個人的には問題ないレベルでしたが、更にクリアになるようなので嬉しいところです。

WF-1000XM3がちょっと周りが騒がしい環境だと通話がちと微妙だったのでこの進化は良い差別化になるかと思います。

⑦バッテリー性能はダウン?

総合24時間、1回の充電で4.5時間、5分の充電で1時間の再生です。

AirPods では、総合24時間は同じですが、1回の充電で5時間の再生、15分の充電で3時間の再生でした。

1回の充電での再生時間が少しダウンしております。長時間音楽を聴いていた人にはちょっと残念なダウンとなりますが、通勤・通学用に使っている人には問題ないレベルとも言えます。

ただ、連続通話の時間は上がってます。AirPods Proは1回の充電での連続通話時間は3.5時間ですが、AirPodsは3時間でした。AirPodsでの通話時間が多い人には嬉しいポイントです。

⑧サイズ・重量はアップ

ノイズキャンセル機能を付けた為、本体が大型化、重量アップしております。

https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2019/09/nigaoemaker.png
タカタカ

AirPods Proは高さが短くなりましたが、幅が広がってワイドになってます。デザイン的にはチビデブになっております。

AirPods Pro

AirPods

⑨価格もアップ

性能があがった分、価格もあがっております。Proですから致し方ないところです。後は、その性能が必要かどうかで購入を検討するのが良いです。

ノイズキャンセル機能・高音質を求めるなら「Pro」ですし、不要でワイヤレス充電がいるなら「AirPodsのワイヤレス充電」、ワイヤレス充電も不要なら「ノーマルなAirPods」がおすすめとなります。

対抗馬 SONY WF-1000XM3 との違いは?

以前、AirPods と WF-1000XM3 の10番勝負をした際に比較したポイントで見てゆきます。よろしければ前回の記事もごらんください。

ソニー入魂のノイキャン搭載フルワイヤレス「WF-1000XM3」レビュー! AirPodsと徹底比較してみました。
https://www.gadgetkaden.com/wp-content/uploads/2019/09/nigaoemaker.png
タカタカ

ノイズキャンセル性能と音質は聴いてみないとわからないですよね!到着次第レビュー致します。

わたしを含めて、WF-1000XM3を購入した人は、ノイズキャンセル機能と音質が決めてだと思います。

なので、AirPods Proのノイズキャンセル性能と音質がSONYと同程度、もしくは近いところまで来ているのかが大きなポイントになります。

まとめ:AirPods Pro はおすすめか?

フルワイヤレスをここまで普及させた立役者とも言えるAirPodsの待望のフルモデルチェンジです。

待望のノイズキャンセルと高音質化がどこまであがっているのか?非常に気になるところです。

個人的には、Air Podsを発売日にゲットしてから使いまくっているので、その便利さにはやられまくってます。

2年程使用して、発売されたライバルSONYのWF-1000XM3の音質とノイズキャンセル機能にやられて、乗り換えましたがAppleの巻き返しに期待大なので、さっそくポチっております。

Air Pods Proがおすすめなのは、・ノイズキャンセル機能と・音質向上を求めるかどうかです。

この2点は実は同じです。「音楽に集中する」為の機能です。ノイズキャンセルがあれば、音楽だけに集中できますし、良い音であればより音楽に入り込めます。アプローチは違いますが、目的は同じだと感じてます。

後は、比較対象としてSONY の WF-1000XM3 との勝負となります。

後から出してきたAppleが半端な性能で来るとは考えられないので期待したいです。