2020年 iPhone12 mini を購入しました!販売員目線でiPhoneSEとの違いとおすすめポイントをレビュー致します!

こんにちは、2020年4月にiPhone SE2を購入したタカタカですが、5.4インチ版iPhone12 miniをばっちり予約してしまいました。
サイズ的にベストだと感じていたiPhone SE2(4.7インチ)のボディサイズをより更に小さくなり、ノッチデザインになって画面サイズは5.4インチに大型化した理想的なデザインに仕上がってます。

ガジェドン
ガジェドン

本当にTouch IDが搭載されていれば完璧だったガジェ〜

タカタカ
タカタカ

残念ながらFace ID でした。液晶にTouch IDが搭載されるのはiPhone 13が濃厚なので、お楽しみは1年先伸ばしですかね。

iPhone 12シリーズの概要はこちらを御覧くださいませ。

2020年 iPhone12 mini Pro ProMax 発表! 何が変わったのか?11との違いを販売員目線でチェックします。

旧iPhoneからiPhone12に移行する際の注意点はこちらを御覧ください。

iPhone SE から iPhone 12 miniへ機種変更しました。移行方法&レビュー致します。

iPhone 12 mini 開封!

わたしが選んだのはホワイトの128GBです。メインなデータはiCloudにいれてるので64GBでもなんとかなるのですが、やっぱり余裕が欲しくて128GBをチョイスです。

iPhone SE2との違い

1:サイズ感とカラー

サイズはご存知の通り、iPhoneSE2よりちょこっと小さくなってます。
カラーは同じ「ホワイト」ですが、iPhone SE2はクリアーなホワイトで、iPhone 12 miniはクリームなホワイトになってます。

タカタカ
タカタカ

個人的には、マットガラスな裏面に超光沢なステンテスのProより、iPhone12&miniの光沢ガラスな裏面とマットなアルミの方がしっくりきます。
理想はマットガラスな裏面&マットなアルミが良かったです。

2:厚みの違い

厚みはiPhoneSE2が7.3mm、iPhone 12 miniが7.4mmとなっております。
厚みはフラットなデザインもあってiPhone12シリーズの方がより暑い印象を受けますが、ほぼ同じくらいです。

ガジェドン
ガジェドン

ぱっとみ、フラットデザインのiPhone12miniが厚く感じるガジェ!でも持ってみるとあまり変わらないガジェ!
デザイン的には曲面の方がより薄く見えるガジェね。

タカタカ
タカタカ

個人的には、スリープボタンが大きくなったのが意外です。もしかしたら、iPad AirのTouch ID対応のボタン搭載の予定もあったのかと考えちゃいますね。

3:画面の表示の違い

画面サイズは4.7インチから5.4インチへと一回り大きくなってます。これはそのまま違いがでます。

ガジェドン
ガジェドン

縦に画面が広がってWeb画面がより見やすくなってるガジェ!

4:液晶の違い

iPhone 12 mini は有機ELディスプレイを搭載しており、省電力化と、通常の液晶と違い黒をしっかりと表示するので、動画、特に映画をより綺麗に映し出す事が可能になってます。
また、表示をダークモードにする事により、黒い部分に対して電力をあまり消費しない為、より消費電力を抑える事もできます。

5:カメラ性能の違い

カメラはSEと比較しておおきなアドバンテージがあります。

①:レンズ

iPhone SE2は広角のみのシングルレンズですが、iPhone 12 miniは広角と超広角のデュアルレンズになってます。

②ナイトモード

ただでさえ、iPhoneSEより明るいレンズを搭載しているのに、暗い室内や夜間の撮影に強いナイトモードを搭載したのがiPhone12 miniのカメラです。
これは明らかに、暗い場所でも明るく撮影が可能になります。なんなら肉眼で見るより表示される画面が明るくなるくらいです。

③インカメラの画素数アップ

インカメラは画素数から違います。自撮りをされる人はiPhone12miniがおすすめになりますね。

ガジェドン
ガジェドン

カメラを重視するなら間違いなくiPhone 12 miniがおすすめガジェ!なにも考えずに暗いところでも綺麗に撮れるガジェ!

タカタカ
タカタカ

iPhone 6Sや7、8からの買い替えを検討しているなら、カメラ性能の違いは大きな選びのポイントになりますね。

6:5G対応

5G対応は大きな違いなのですが、現在5Gが利用できるエリアがあまりに狭いので現段階では選びのポイントにはなりずらいです。
今後はエリアは間違いなく拡大するので、5年とか長いスパンでiPhoneを使う予定の人は、5Gに対応したiPhone12 miniを選択するのが良いです。
1〜2年で買い換えるなら5G対応は次回の買い替えで問題ないと思います。

7:バッテリー

iPhone 6SからiPhone XRに変えたときはバッテリーの持ちの良さに感動したのですが、iPhone SE2に変えてまたバッテリーが一日使うのが厳しい状態になってました。
iPhone 12 miniはまたバッテリーの持ちが良くなっているので地味に嬉しいところです。

まとめ

本当に、Touch IDが搭載されていれば最高だったのですが、ないものねだりをしてもしょうがないので、ここは次回に持ち越しです。
それ意外はコンパクトモデルとしては理想的に仕上がってます。液晶5.4インチのベゼルレスのノッチデザインでコンパクトだけど画面サイズは見やすいサイズになってます。

個人的に、iPhone SE2のサイズは片手で扱えるギリギリのサイズだと思ってるので、そのサイズよりちょっと小さくなって画面サイズは大きく見やすくなっているのが素晴らしいです。

今後は、このサイズのまま薄型軽量化とバッテリー持ちが進化すれば良いのです。小さすぎても画面が見づらくなりますからね、片手で扱えるこのサイズが良いんです。

価格だけはiPhone SEには勝てないですが、それ意外は非常におすすめにシアがあってますので価格差の価値はあると感じてます。

非常におすすめなので、ぜひとも検討してみてください。