ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

ガラケー 格安SIM(格安スマホ) の2台持ちがオススメなんです。

スポンサーリンク

こんにちは、今はガラケーiPhone格安sim2台持ちなタカタカです。以前はガラケーiPhoneスマホ3台持ちで運用してました。
格安SIM売り場の販売員が、携帯電話2台持ちのメリット、デメリットをまとめてみました。

f:id:gadgetkaden:20171013001229p:plain

2台持ちのメリット

2台持はどんな人におすすめなのか?1つは音声通話を良くされる方です。主にビジネスユーザーの方になると思いますが、カケ放題プランに入ってガンガンに電話する方は2台持ちがおすすめです!それは何故か?

バッテリーが2台分に分かれて安心

音声通話をガンガンにして、スマホでネットをまたりしたら、バッテリーが持たなくなります。そこで2台持ちにしてバッテリーを分散する事により、携帯電話、スマホのバッテリーを長持ちさせる事が可能になります。

スマホ見ながら電話できる 

地味におすすめです。電話しながらスマホで検索、データ確認等できます。これが1台だと「少々お待ちください」と相手に待って貰って、スマホの画面を操作して確認することになり、非常に面倒になります。2台持ちなら左手でガラケーで電話しつつ、右手でスマホの操作が出来て非常に便利に使えます。

格安SIMを併用して月額料金を安くする。

月額料金を安くしたいから格安SIMを使いたいけど、音声通話が弱くなるから困るって方にもおすすめです。
格安SIMは月額料金を非常に安くする事が可能になりますが、弱点の1つが音声通話の弱さがあります。ここの詳細は関連記事を確認ください。

過去記事を御覧ください。

gadgetkaden.hatenablog.com

そこで、音声通話に強いキャリアのカケ放題プランか、低料金プランをガラケーで運用し、スマホは格安SIMのデータ専用プランにすると、月額料金を安く抑えて通話もしっかり出来るようになります。

片方忘れても何とか連絡がつけられる。

これはそのままです。1台だけだと、スマホ忘れたら何も出来ませんが、2台持ちなら、電話かSNSで連絡を付けることができます。うっかりさんにもおすすめです。

2台持ちのデメリット

2台持って困ることってなんでしょう?オススメじゃないのはどんな人なのか?

2台持ち運ぶのでかさばる

2台持ちなので2台持ち歩く必要が出てきます。左右のポケット、ポケットとカバン、カバンに2台と持ち運びやすい方法で2台持ち歩いてください。

管理が複雑になる。

キャリアと格安SIM2つの会社と契約をして支払いを行うのでこの部分も2台分管理が必要になります。

アドレス管理も2台分です。ここはガラケーとでわ無くてスマホ2台持ちにすると同期で対応可能です。ものぐさな方には2台持ちは合わないかもしれません。

気になるコスト

2台持ちの月額コストをオススメの運用法を元に見ていきましょう!

おすすめ運用方法は格安SIMのデータプランの併用です。音声はガラケーでデータは格安スマホで行うのがやっぱり王道でオススメなのです。

おすすめ:1 キャリアカケ放題+格安SIM

docomo カケホーダイプラン ¥2,700

iijmio データプラン SNS付き ¥1,040 3GB

合計:¥3,740 (カケホーダイと3GBのデータ利用が可能なプランです。)

仕事で音声通話をガンガンされる方は、docomoのカケホーダイと格安SIMのデータプランがおすすめです。データSIMはSNS付きがアプリ承認等できるのでおすすめです。LINEの認証等アプリをインストールする、HPでユーザー登録する際にSNS認証を使用するケースはままあります。その際にSNS機能無しだと手続きが非常に面倒だったり使えなかったりするのでSNS付きがオススメです。

ガラケーは通話プランのみでメールも使わない為、SPモードも契約しないでコストカットしてます。

おすすめ:2 キャリア低料金プラン+格安SIM

docomoですと「FOMAで「バリュープラン契約」で「ひとりでも割50」でないと安く無いので結構ハードル高いです。

詳細を書くと長くなるのですが・・・以下に記します。

現在docomoの料金プランはスマホ用の4G回線プランでカケホーダイやパケあえるもこれになります。
昔はXi(クロッシー)と言っていたサービスです。更にその昔、3G回線でガラケーがメインだった時代はFOMA(フォーマ)と言われるプランがあったのです。
docomoで安く音声通話をするにはこのFOMAプランで、更に対象機種の契約時だけ、契約できるバリュープランが必須となります。通常のベーシックプランより¥1000以上も安いんです。ただ、対象機種の契約が必要なので在庫を持った店舗で契約が必要になります。docomoFOMAガラケー生産を終了してる為、店舗の在庫のみになってます。

電話料金込みのプランで最安のSSバリューがオススメです。FOMAバリュープランでひとりでも割50適用で月額¥ 932(無料通話¥1,000分)になります。

あまり電話はしないけど、2台持ちされたい方に月額料金が安くておすすめです。

価格をわかりやすくまとめると下になります。

FOMAタイプSSベーシックプラン ¥3600 (無料通話¥1,000)
↓対象機種を契約するとバリュープランで契約可能になります。

docomo FOMA タイプSSバリュープラン ¥1,864(無料通話¥1,000)
↓ひとりでも割50(2年契約) で半額に

docomo FOMA タイプSSバリュープラン ¥932(無料通話¥1,000)+ひとりでも割50

iijmio データプラン SNS付き ¥1,040 3GB

合計:¥1,972 (¥1,000の無料通話と3GBのデータ利用が可能なプランです。)

あまり電話はしないので¥1,000の無料通話で十分、家族や友人とは格安スマホのLINE無料通話をする方には2台持ちのメリットと格安SIMのメリットを合わせた月額料金も安くてオススメなプランです。ちなみにわたしもこのプランで運用しておりました。

価格だけで考えますと、格安SIMの音声付きで¥1,600なので叶わないですが、2台持ちのメリットは価格以外にあります。興味のある方は是非とも2台持ちを試してみてはいかがでしょうか? 絶対にオススメですよ!

 

注)表記の価格は全て税抜き価格です。各プラン料金は2017年10月現在のものです、価格、料金は変更される可能性も御座います。予めご了承下さいませ。