ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

SIMロック解除方法 2017 まとめ

スポンサーリンク

こんにちは、docomoのiPhone6Sを格安SIMで運用しているタカタカです。次モデルはSIMフリー版を購入するか画策中です。ちなみにわたしのiPhoneは中古で購入したのでSIMロック解除できません。残念です。

f:id:gadgetkaden:20171017193747j:plain

SIMフリー・SIMロック解除とは?

基本から行ってみましょう。

SIMフリーとは?

キャリアに縛られず、他のキャリアのSIMカードを使えるスマホの事を言います。
世の中、SIMカードをSIMフリーと勘違いしたり、格安SIMをSIMフリーと思ってる方も結構いらっしゃいますが違います。SIMフリー端末(スマホ)です。
要は、docomoだろうが、softbankだろうが、auだろうが、海外の携帯電話会社のSIMカードも使えるスマホ(端末)をSIMフリーと言います。

apple ストアで販売されているiPhoneがSIMフリー版でどこのキャリアのSIMカードも利用できるのでわかりやすいかと思います。

注意)全てのSIMカードが使えるわけではない。

サイズや通信規格、電波帯等が違う契約のSIMカードは使えません。ここは話すと非常に長くなるので別の機会にしたいと思います。

SIMロック解除とは?

対してSIMロック解除とは、日本のキャリアで販売されているスマホは基本的に自分のキャリアのSIMカードしか使えないようにロックがかかってます。これがSIMロックです。docomoのスマホはdocomoのSIMカードしか使えないようになってます。

このロックを解除するのがSIMロック解除です。SIMロックを解除するとSIMフリーとなります。そしてその適用ルールがキャリアによって違いますし時期によって違うんでややこしいのです。

SIMロック解除のメリット

SIMロック解除してSIMフリーにすると何が良いのかと言うと、他のキャリアのSIMカードが使えるようになります。具体的に言うと、softbankのiPhone7を使っていて、SIMロック解除してSIMフリーにすると、格安SIM(docomo系)にMNPしてもそのまま、お持ちのiPhoneを格安SIMで使えるようになし、海外に行っても海外のSIMカードが使えるようになります。
今の日本でメリットを考えるとこの3つだと思います。

・格安SIMが使える。

・海外に行って海外の携帯電話会社のSIMが使える。

・中古で売る時に高額になる。

SIMロック解除のデメリット

では逆にデメリットはあるのかと言うと、SIMロック解除の手続きをするって事ぐらいです。ほぼ無いと言って良いかと思います。

各キャリアのSIMロック解除の条件

現在の各キャリアのSIMロック解除の条件を見てみましょう。

docomo

対象機種:2015年5月1日以降に販売された機種
対象者:契約者本人
期間
分割払いで購入:機種購入日から100日経過すると手続きが可能
一括払いで購入:機種購入日から手続きが可能
費用:

詳細はdocomo HPにて

ドコモからのお知らせ : SIMロック解除の受付条件を一部変更 | お知らせ | NTTドコモ

au

対象機種:2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種
     ネットワーク利用制限中の機種はNG
対象者:契約者本人以外も大丈夫(本人以外は店頭のみ受付可)
期間:機種購入日から101日目以降で手続きが可能
費用:My auからは無料で可能、店頭受付は有料(¥3,000(税抜))

詳細はau HPにて

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

softbank

対象機種:2015年5月以降に販売された対応機種
対象者:契約者本人
期間
分割払いで購入:製品の購入から100日経過すると手続きが可能
一括払いで購入:一括払いの支払い確認後より手続きが可能(2017年12月より)
解約済製品は解約後90日以内
費用:My softbankからは無料で可能、店頭受付は有料(¥3,000(税抜))

詳細はsoftbank HPにて

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

auのみが契約者本人以外でもSIMロック解除手続きが店頭で可能です。
ようは中古で購入した端末でも、条件に合った端末ならSIMロック解除手続きが可能になります。
中古のau iPhoneの価格が中古のSIMフリー版iPnoneより¥3,000以上安ければ、au版を購入してauショップでSIMロック解除した方がお得になります。店舗によっては¥10,000以上価格差がある場合もありますのでおやすくSIMフリーiPhoneを購入したい方は、中古のau版がオススメです。
前の契約者が契約してから100日経過したかはauのHPで確認できますので、IMEI番号を確認してチェックしましょう。

SIMロック解除の可否判定 | My au

SIMロック解除はオススメですよ。

海外旅行に行かれる予定の方はもちろん、現状はキャリアでの契約で使っていても、格安SIMに乗り換えたらそのまま端末が使えますし、中古で売る際も高額査定になるSIMロック解除はやって損はありません。ネットなら無料で申し込めるので余裕のある時にSIMロック解除してしまいましょう!