iPhone SE2の噂がまた出ました。4.7インチの廉価版のリーク情報とは?

こんにちは、iPhone XR 使いのタカタカです。大きな画面のスマホを使っていると小さいスマホが欲しくなるのは何故でしょうか?

f:id:gadgetkaden:20190906003537p:plain

そんな我々の心を揺さぶる(これで何度目かは不明ですが)iPhone SE2かiPhone XE のリーク情報がまた舞い込んでまいりましたので、個人的な欲望を交えて妄想したいと思います。

今回は日本経済新聞のリークです。

www.nikkei.com

日経のリーク情報は当たる分類もあるので(任天堂系とか)ちょっと期待しちゃいますよね。

リーク内容はこちら

・有機ELではなく、液晶パネル採用

・SEの後継機と言う位置づけ

・2020年春に発売

特に真新しい内容は無く、今までに何度と無く出てきた内容です。

ポイントとしては、Touch ID かFace IDかは不明って所です。

Touch ID 採用の場合

「廉価」を強めにするならば Touch IDの「iPhone 8」のマイナーチェンジが妥当です。SocをA12からA12かA13にアップしたモデルにするとお安くできあがるかと思います。

しかしながら、非常につまらないモデルになってしまうので個人的には歓迎しないです。

Face IDを採用の場合

Face IDを採用で4.7インチだと新モデルになります。廉価版ながら新設計になるのでコスト高となるのでこのパターンの可能性は低いですが、個人的には是非とも4.7インチのベゼルレスコンパクトサイズのiPhoneが良いです。速攻で買います。

是非とも、こちらのパターンで来て欲しいです。

2020年モデルiPhone 12の噂

iPhone 12はiPhone XS より小型サイズの液晶モデルが出るとの噂です。iPhone 11はデザインはほぼiPhone XSと同じとの噂なので、iPhone 12は流石にフルモデルチェンジが期待されます。

しかしながら、2020年のiPhone 12でフルモデルチェンジするのに春に出す「廉価版」に新デザインを投入するのでしょうか?

廉価版投入の目的が、サムスンやファーウェイに対抗する為となると低価格版でありながら、利益も取らなくてはならないはずなので、新設計ではなく従来のモデルのリファインが有力になるかと思います。

新型のコンパクトなモデルを望むなら、2020年のiPhone 12を待つのが王道になりますが、iPhone SEサイズの筐体にベゼルレスの4.7インチ液晶モデルという欲望の産物が何時までも忘れられないのです。

一部のユーザーの夢と希望を叶えてくれる可能性は非常に少ないですが、来週のone more thing と 春のサプライズに期待しております。

 前回の妄想記事はこちら、2018年春の事です。

www.gadgetkaden.com

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です