ガジェット好きの家電量販店販売員のブログ

首都圏量販店にてこつこつ家電を販売しているガジェット好きな販売員の雑記、園児の育児も奮闘中です。

今売れてるパソコンのSurface Pro・Laptopの売れてる理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

こんにちは、日々Surfaceを売りまくっているタカタカです。先日のニュースでSurfaceLaptopのCoreMモデルが米国で発売されるとの事なので、人気のSurfaceシリーズの理由を考えてみたエントリーです。

f:id:gadgetkaden:20180210194111p:plain

Surfaceとは

MicrosoftがデザインしたタブレットPC、初代の発売は2012年なので6年前になります。当時はタブレットスタイルで自立可能、専用マグネットタイプのキーボードが斬新で人気を博しました。

現在は、Proタイプの5世代目になるSurface ProとクラムシェルタイプのLaptopにパワーモデルのBookの3タイプにデスクトップタイプ1タイプの系4種類のラインナップとなっております。

Microsoft Surface デバイス ファミリーの Web サイト | Surface

Windows 搭載 13インチクラスでは一番売れてるシリーズかと思います。(日々売れてる数からの推測です)

Surface が人気の理由 

理由その1:実はコスパが高い

売れ筋のSurface Laptop Core i5 メモリ4GBモデルで見てみます。

CPU:Core i5
メモリ:4GB
SSD:128GB
Office Home & Business 付き
重量:1.2kg
バッテリー持続時間:14.5時間
モニタ:13.5インチ タッチ液晶
解像度:2256×1504
価格:¥136,944

人気のCore i5 モデルだと 13インチモバイルの日本メーカーモデルの価格と比べると2〜3万くらい安いです。

このモデルと比較検討する候補として
NEC PC-HZ550GA
ヨドバシ価格:¥191,760
重量800gクラスの軽量とSSD:256GBの部分は負けてますが総合力でSurfaceが勝ちます。

東芝 PV62D(2017年春夏モデル)
ヨドバシ価格:¥152,280
基本スペックは同等、現行なら更に数万高いです。

理由その2:デザインと色

アルカンターラ素材の4色カラーが人気、日本メーカーは白・黒・金・赤等の微妙なカラー展開ですが、Surfaceは無駄の無いデザインと落ち着いた大人っぽいカラー展開で特に女性のお客様に非常に好印象です。持ち運びする軽めのパソコンをお探しの方に案内すると、見た目でかなり刺さります。

ちなみに、カラーの人気は

1位:コバルトブルー
2位:プラチナ
3位:バーガンディー
4位:グラファイトゴールド

の順になっております。ブルーは男女共に人気が高いです。2017年10頃は人気すぎて数ヶ月待ちの状態でしたし、12月まではプラチナ以外は定価のままでした。

理由その3:Surface Pro と Surface Pen が素敵

筆圧感知4,096段階に対応するSurface Pro (Laptopは1024段階)と Surface Pen 液タブいらずに使用可能となります。イラスト系の作業をされる方や、ビジネス利用のお客様でタブレット状態のSurface Proで相手に見せながらその場でPenで記入して保存、印刷等する事が出来るのが良くて選ぶ方が多いです。

Surface ProとLaptopのメリット・デメリット

似て非なるSurface Pro とSurface Laptop の2ラインナップ展開で多くのお客様を獲得しております。それぞれのメリット・デメリットを確認してみます。

Surface Proのメリット

f:id:gadgetkaden:20180210194522p:plain

①2in1の魅力

やっぱり便利な2in1、状況に応じてタブレットとパソコンに姿を変えて対応します。

・タブレットの活躍する場面

ビジネス:相手に画面を「見せる」場合はタブレットスタイルが扱いやすい。

自宅:くつろいでネットを「見る」、動画を「見る」場合はタブレットスタイルが良い。

・パソコンスタイルの活躍する場面

作業する場合はパソコンスタイルの方が非常に捗ります。

「見る」「見せる」ような使い方をする時はタブレットスタイルの方が扱いやすいですし、普段の作業を行う時はパソコンスタイルの方が良いので、この両タイプの使い方をされる方はSurface Proが相性が良いと言えます。

②Surface Pen とのセットが素敵

筆圧感知 4,096段階に傾き感知も対応、新型ペンは非常に性能アップし、ワコムやApple Pencil に非常に近づいた感があり、イラスト系のお仕事されるお客様にも選ばれるようになっております。

③コンパクトで軽量

Laptopより若干小型な12.3インチに軽量770gのボディで持ち運びに優れます。日々持ち運ぶモバイラーな方にはProがおすすめです。

Surface Proのデメリット

①キーボード分だけコストがかかります。

Laptopに比べて同性能モデルは価格は同じですが、キーボードが別売りの為、この分コストがかかります、アルカンターラタイプのキーボードですと2万円程プラスになります。

②キックスタンドを広げる領域が必要

Laptopの底面のみに比べてキックスタンド分の奥行きが必要になる為、狭い場所や膝の上で使用する場合は注意が必要になります。

 

Surface Laptop のメリット

f:id:gadgetkaden:20180210194534p:plain

①価格が安い

同性能のProに比べてキーボードが付いている分お安いです。2万円の差は大きいので、自宅メインでたまにモバイルする方にはLaptopがおすすめです。

②デザインとカラーが良い

好みはありますが、多くのお客様から支持されるデザインとカラーです。無駄の無いスタイリッシュなデザインと現在のパソコンになかなか無いカラーで、女性や若いサラリーマンの方に非常に選ばれてます。

Surface Laptopのデメリット

①USB3.0ポート1個の拡張性の低さ

これはSurface Proも同様です。ただ、現在同時に複数のUSBポートを使用した使い方をされる方は少ない為、あまり問題にされないです。たまに、常にUSBメモリーと外部モニタ出力とマウスを使うとか言う方もいらっしゃるのでそういった方はUSBハブ必須になります。

②Surface Penはちょっと使いにくい

ディスプレイ部分が固定されて無いため、Penで書こうとすると片手でディスプレイを固定しながら書く事になるのでちょっと不便です。

新型Surface Penの性能もLaptopでは発揮できない為、Pen の使用をメインに考えるとProの方がおすすめとなります。

まとめ

現在、Windows PCで13インチモデルの検討をされるのでしたら、Surfaceシリーズは是非とも検討して頂きたいモデルです。

それに、価格で優れるLaptopに更にお買い得なCore M3モデルが投入されると恐らくProのM3モデルと同価格になるかと思われますので、更に売れる要素が高まります。普通にネットやってOfficeアプリ使う一般使用の方にはCoreM3で問題無いですからね。

夏のボーナスシーズンにパソコン買い替えを検討されるのでしたら、Surfaceの2018年モデルですが現行のSurface Proが発売されたのが2017年6月15日、Surface Laptopが発売されたのが2017年7月20日、そして先日現行モデルのCoreM3が追加されたとなると春に新モデルは期待できない為、昨年同様の夏の可能製が高いと考えます。そして新モデルは第8世代Coreiシリーズとなる可能性が高い為、クァッドコアを搭載したパフォーマンスの高いモデルが期待できます。

デザインの変更や新機能等不明ですが、現行が非常に売れてるモデルなので非常に期待しております。2018年モデル発売の暁にはレビューしたいと思います。

※Surface Book2については別の記事となります。宜しければご覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com